Splatoon2 (スプラトゥーン2)

発売元: 任天堂オフィシャルサイト 発売日: 2017-07-21 価格: 6458(税込) レーティング: A / 全年齢対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 49 Amazon点数: -

スコアーボード

Splatoon2 (スプラトゥーン2)レビューチャート 標準偏差 18.67 難易度 2.46 mk2レビュー数 13
0%
0-9
7.7%
10-19
0%
20-29
23.1%
30-39
23.1%
40-49
23.1%
50-59
0%
60-69
15.4%
70-79
7.7%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
67人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 4pt 3pt 2pt 2pt 1pt 4pt
総合点
49pt

GOOD!

前作未プレイ、主にプロコントローラー使用でのレビューです。


・オリジナリティ
TPSに色を塗って自陣を拡げたり有利にしたりする要素を加えた内容。
特徴的で魅力のあるキャラクターとデザイン、音楽。
他にはないゲームとしてよくできていると思う。

・グラフィック
まあまあ綺麗なほうだと思う。
好みはあると思うが、上記のとおりキャラクター等のデザインも○。
ただ、インクの発色が良いので明るいと目が疲れるかも。


・その他
一試合約3分なので手軽に遊べる。テンポも良い。
武器が大別して8種類で、どれも特徴的でそれぞれの戦い方を考えるのが楽しい。

ストーリーモードは武器の特徴を生かしたステージになっており、
それぞれの武器の使い方をなんとなく理解することができる。
対人を意識したようなステージもあるので、
オンライン対戦の練習にならなくも…ないかもしれない。

サーモンランは4人で敵を倒し、ボスが落とすイクラを集めるというルールで、
共闘している感が強くチーム対チームとはまた違った楽しみ方ができる。

マップやルールによって一応強い武器、弱い武器がある。
ルールは時間ごとに変わり、マップは時間ごと選ばれた2つからランダムで決まるので、
特定の武器を持っていけば絶対に良いという状況になりにくい。
ルールの1つであるナワバリバトルは地面を塗った広さで競うもので、
敵チームを倒せば有利に働くことは間違いないが、それで勝敗が決まる訳ではないので、
TPSが苦手でも地面を塗ることでチームに貢献することができる。
その他のルールでも地面を塗ることは自チームのメリットになるので、
下手でも一応何かしらの貢献ができているような気分にはなれる。
意思疎通の手段が少ないため強い人の指示に左右されず、個々のプレイが気軽にできる。
そのような作りのため凄く強い人が勝ち続けるという状況になりにくくなり、
ライトからハードな層まで楽しめる作りになっていると思う。


やり込みもそれなりにあり、
ストーリーはアイテムの探索、全武器での攻略。
オンラインはランク50まで上げることと全装備のコンプリート、
ルールごとのウデマエをC-からS+まで上げること、
自身の能力を上げる効果のあるギアを好みのものに変える。
などなど目指すところは色々とある。

BAD/REQUEST

・快適さ
全体的に気になる点が多い。

一番の問題は他の方も指摘があるようにキーコンフィグがないこと。
ジョイコンとボタン配置が違うのだから、
せめていくつかの操作タイプから選べるようにするだけでも大分違った。

対戦部屋に接続してしまうと退室できず装備変更もできない点。
対戦終了後の選択でデフォルトのカーソル位置が「つづける」になっており、
間違えて続けてしまうことが何度もあった。
キリが良いから終わろうと思っていたり装備を変更しようと思っていたりしても、
そのまま戦わなければならなくなる。

起動するたびに現在対戦可能なルールとマップの説明がされる会話が入る。
会話パターンが大量にあるなら多少は楽しめるかもしれないが、
マップごとに少し違うくらいでほぼ同じようなので邪魔。
同じく新武器が購入できるようになるといちいち説明がある。
確かに特徴の説明は参考にならなくもなく、固有の操作のある武器もあるのだが、
そういうのは聞きたい時だけ聞けるようにすれば良い。

ヒーローモード(ソロプレイのストーリーモードのこと)で、
ステージごとのリザルトを見る画面から直接そのステージへジャンプできない。
取り忘れのアイテムや未攻略の武器を確認して移動したいのに、
確認したらページを変更して改めてステージを選択し直さなければならないので面倒。

メインマップで特殊効果が得られるアイテムやギアの付け外しを行うショップなど、
ジャンプできない場所がいくつかある。
マップはそれほど広くないにしても移動速度がやや遅いため気になる。

特殊効果が得られるアイテムを購入するにはヒーローモードをやる必要がある。
しかも見つけづらい場所に隠されているうえに入手数も極端に少ない。
やり込む場合は何度も同じステージをやることを前提になっているとはいえ、
アイテムを購入するために何度もステージを攻略する気にはならない。

ギアの付け外しなどで使用するサザエはフェスに参加する必要がある。
必要数に対してこちらも入手数が極端に少ない、と思われる。
装備の全てのスロットを好みのギアのみにする必要はないのだが、
良いギアにしたほうが強いのは間違いなく、
通常ギアは装備ごとの経験値が一定になるごとにランダムで選ばれるため、
プレイヤースキル以外で差をつけるならやらなければならない。


・その他
対戦マップがランダムなのは良いのだが、常に2つあるうちのどちらかなので、
何度もやっているうちに飽きやすい。連戦して同じマップが続いたときは尚更。
5連続で同じマップだったときはさすがに「はあ!?」となった。

ガチマッチ、ランクマッチのルールが時間ごと決まっている。
サーモンランもできる時間が決まっていて、こちらはその間マップは常に同じ。
ゲームができる時間に制限があったりムラがあったりすると、
やりたいルールができなかったり、サーモンラン自体ができなかったり、
ということがありうる。
長い目で見れば必ずタイミングが合うことはあるのだろうが、
ガチホコがやりたいと思って起動したのにプレイできるルールが違う。
1時間くらいしかプレイできないからルールが変わるまでゲームできない。とか、
飽きやすいということもあって、
ルールが変わるまで他のルールで時間を潰す気になれないとかあるかもしれない。

基本、チーム対チームのルールで戦うゲームのため、
一人が強くても他のメンバーで相手との能力差があるとほぼ勝てない。
たくさん塗れるようになった、あまり倒されなくなった、相手を倒せるようになってきた、
などで上手くなってきた実感は得られるが、必ずしもそれが勝ちに直結しないため、
勝つことだけにこだわりを持っているとストレスが溜まる。
同様に、良くも悪くも意思疎通の手段が限られるため、
各々が最適の行動をする結果、偶然チームプレイが生まれる戦い方のほうが強い。
サーモンラン以外のオンライン対戦はチームで戦っている感は薄い。

COMMENT

据置としても携帯としてもプレイできるスイッチの特徴を考えると、
テンポ良くできる対戦と、じっくりやり込める要素が混じっているのは
相性がいいかもしれません。

実はやれることが少ない、もしくは実際やっていることはほとんど同じ、
と感じてしまうことが飽きが早い原因のひとつかもしれません。
唯一展開が変化していくヒーローモードも、それ単体でみれば少し短いかな、と。
(対人メインのゲームなので仕方がないですが…。)
ゲームの性質上難しいかもしれませんが、
適度なタイミングで新しい刺激があればまた違った評価になっていたかもしれません。

難易度は、ただただ楽しむだけなら敷居は低いですが、
勝つことを追求し始めると途端に難易度が上がります。


とは言っても時間が空くと「たまに」少しプレイしようとは思うことはあります。
オンラインの対人がメインのゲームなので、
プレイ人口が多いときにやるのが一番楽しめるタイミングだと思います。

「つまらない」と感じる人はほとんどいないと思いますが、
それが熱中度や満足感に繋がるかは人を選ぶと思われます。

良いところが悪いところでもあり、面白いとは思うが熱中度は低く、
ライトからハード層まで楽しめる作りだが満足できるかは別で、
人を選ぶ程クセもないが万人にすすめられるかは微妙なところ。
といった印象でした。

   
プレイ時間:10時間以上20時間未満(未)
みゃっちさん[2017-12-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

13人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 2pt 1pt 1pt 3pt
総合点
46pt

GOOD!

【オリジナリティ】
人型になれるイカがフィールドにインクを塗りあい、その範囲で勝敗を決めるというシステムは前作に引き続き、良いシステムである。独特のトゥーンチックなキャラクターに、かわいらしい音楽が相まって、世界観を引き立てている

自チームのインクの中はサクサク進むことが出来るが、敵チームのインクの中では動きが遅くなるため、シューティングでありながら、敵を倒すだけでなく、インクをまき散らし、広い範囲を塗っておくことが重要になる。
敵を倒せる人は倒し、倒せない人は塗りと、役割分担することが出来る。っていう体で作られているため、初心者にもやさしい。一応。

【グラフィックス】
壁から垂れるインクの感じとか弾んだインクが弾けて広がる飛沫の感じがよく作りこまれていると思う。ただ、ちょっと色合いが明るすぎて見にくいこともあるので、そこだけちょっと難点。

【音楽】
どんなジャンルにも属さない、可愛らしい音楽が素晴らしい。かっこいいジャズチックな曲もある。どれも世界観にマッチした良い曲だが、時折やかましいと感じることもある。

BAD/REQUEST

オンラインゲームなので、オンラインでのバランスや操作感などを重視したレビューになります

【オンライン的要素】
サーバー方式からP2P方式へ変更され、チックレートが大幅に低下しました。
シビアな判定を要求するシューティングゲームにおいて、この劣化はあまりにも大きすぎる。逃げたと思ったのにやられた、明らかに確定数以上の弾を当てているのに倒せない敵、先手を取ったのに死体からインクが飛んできて相打ちなど、理不尽に感じる要素が増えた。

マッチングシステムにも疑問が残る。
任天堂側はそのようなマッチングは行っておらず、ガチパワーという内部数値が近いもの同士で組み、武器の種類で組んでいると言っているが果たして真実だろうか・・・。
連勝した後は、必ず連敗する。自分だけではない、多くの人物がそう感じている。
ガチパワーは、試合直前に8人の平均を表示してくれるが、引くほど意味がないのはどんな初心者でも分かるだろう。個々人のガチパワーを表示してくれるだけでマッチングに不信感を持つ者など居なくなるのに、半年たってもその程度のアップデート惜しむのはなぜ?

【バランス的要素】
前作に比べて、体力の回復が遅い、敵インク内での制動力がかなり低い。
これにより、敵陣でかき乱す極短射程武器の価値が無くなり、爆発系のアイテムが有利すぎるようになってしまった。それだけならまぁまだ強いなくらいで済むが、表示される範囲よりもダメージの範囲が広すぎるため、やられて理不尽に感じてしまう。

【前作から進歩していない要素】
これがあまりにも多すぎる。
前作で多くあった要望を上げてみよう。
・4対4という少人数で行うゲームであるため、一人当たりの仕事量が非常に多いので、回線落ちした味方の補充をしてほしい。
・極端な武器種が偏る事故マッチングが発生した際に勝ちようがないので、試合中に武器を変えれるようにしてほしい。
・マッチングルームに入ってから武器を変えれるようにしてほしい。
・マッチングルームに入ったけどやっぱり出たい。
・一々装備探すの面倒なのでマイセット登録機能が欲しい。
・装備屋に並ぶアイテムがランダムなので、欲しい装備の購入に時間がかかるのを改善してほしい。
などなど他にも多くあるが、これら全て一切の改善がされていない。別にユーザーの言いなりになれというわけではないが、出来ることをせず、要らないことばかりするのが気に入らない。

【出し惜しみアプデ】
前作武器やマップは全部出します!
なお隔週アプデでちまちま小出しにする模様。話にならん。前作よりポリューム無いとか笑えないぞ。


こんな快適さが損なわれ、熱中できなくなったゲームに満足できるわけはない。

COMMENT

前作、完全新規で爆発的にヒットし、WiiUの売り上げ不振、任天堂株価の低落をこの一本で救ったキラータイトルの続編がこの体たらくとはがっかり。恐らく、Switchの発売から大きく間を空けたくなかったのだろうが、前作未満のボリュームで発売されても前作ファンの反感を買うだけだろ。事実オデッセイとブレスオブザワイルドで1年は余裕で持ったろうに。しっかり調整してから発売してほしかった。

 
プレイ時間:わからない(未クリア)
前作信者さん[2018-02-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

アクセスランキング

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
オープンエアアドベンチャー / 1人用
■価格:7538
■発売日:2017-03-03

Xenoblade2 (ゼノブレイド2)
ロールプレイング / 1人用
■価格:8618
■発売日:2017-12-01

Splatoon2 (スプラトゥーン2)
アクションシューティング / 1~8人用
■価格:6458
■発売日:2017-07-21

スーパーマリオ オデッセイ
アクション
■価格:6458
■発売日:2017-10-27

The Elder Scrolls V: Skyrim
ロールプレイング / 1人用
■価格:7538
■発売日:2018-02-07

マリオカート8 デラックス
レース / アクション 1~4人用
■価格:6458
■発売日:2017-04-28

LOST SPHEAR [ロストスフィア]
スクウェア・エニックス
■価格:6264
■発売日:2017-10-12

ファイアーエムブレム無双
アクション / ロールプレイング / シミュレーション / アドベンチャー
■価格:8424
■発売日:2017-09-28

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX
アクション / 格闘
■価格:6458
■発売日:2017-09-22

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
アクションRPG / 1人用
■価格:9504
■発売日:2017-03-03

レビュー投稿フォーム

【Switch】Splatoon2 (スプラトゥーン2)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る