OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

発売元: スクウェア・エニックスオフィシャルサイト 発売日: 2018-07-13 価格: 7344(税込) レーティング: C / 15才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 63 Amazon点数: -

スコアーボード

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)レビューチャート 標準偏差 20.51 難易度 2.18 mk2レビュー数 11
0%
0-9
0%
10-19
9.1%
20-29
9.1%
30-39
9.1%
40-49
9.1%
50-59
27.3%
60-69
18.2%
70-79
9.1%
80-89
9.1%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 1pt 4pt 3pt 4pt 2pt 3pt
総合点
63pt

GOOD!

各キャラクターの性格やストーリーはシンプルですがどれもいいものばかり。
近時のRPGにおける重たい展開やこゆーいキャラ達に
疲れ切ってしまった人にとっては癒しともいうべき王道のファンタジーです。
こういうのがあってもいいかなと思います。

そして裏ボスに到達すると全てのお話の伏線が一気に回収されるのも
すごいと思いました。全体としてのお話はとてもよくできています。

戦闘はコマンド式RPGですが、一戦一戦雑魚戦含めて非常に頭を使います。
結構高度な戦闘で、やりがいも十分。

行動はとにかく自由です。
最初からどこに行ってもいいので、攻略順を工夫することで
楽にも出来るし難しい道を歩むことも出来ます。

JRPGの特徴ですが本当に音楽はしっかりしている。
サントラ買いたくなりました。

BAD/REQUEST

グラフィックに関してはちょっと酷評になります。

ドット絵にはドット絵の味がありますし、
アニメ絵もフォトリアルも出来なかった昔のRPGは
あえてキャラを最小限しか動かさないことで表現に含蓄を出す、
というような面もありました。
また、グラフィックを最小限にすることでその分容量を確保し
イベントの数を増やすというようなこともあったかと思います。
そういう意味で今作には「ドット絵RPGならではの表現とボリューム」を
期待していたのですが・・・。

メインストーリーではなんだかんだで主人公達はぺらぺらしゃべります。
それでだいたい心情とかも表に出てしまっていて、
表現を抑制した故の含蓄とかはあまりありません。
ボリュームもそんなにあるわけではない。
ドット絵故の表現とかボリュームはほとんど見られませんでした。
これだったらフォトリアルやアニメ絵で
きちんと表情まで描いてしまった方がずっといいです。

背景や水の表現に関しては非常にきれいです。
ただ、キャラクターがドット絵であるが故に
背景から完全に浮き上がってしまっていて不自然この上ない。
ドット絵を貫くのであれば背景ももう少し親和的に作って欲しかった。
またフィールドはとにかく見にくい。
昔のRPGならではの進路の見やすさが全くないですし
3DRPGのようにカメラを回して視界を確保することも出来ない。
画面のどこに進路があるのかを確認するのに非常に手間取りました。
昔のRPGと現代RPGの悪いとこ取りになってしまっています。

サブシナリオに関してはどれもいささか単調。
かつ主人公達はひたすら無機質に動くだけなので
(せっかくしゃべらないのに、それ故の含蓄とかも全然出てない)
とにかく無味乾燥になってしまっています。
メインストーリーで出てきたキャラにまつわる話もいっぱいあるのに
関係する主人公との絡みもほとんどありません。
当該キャラのサブシナリオについては対応する主人公を先頭にしないと
開始されない、という形にしてきちんと絡めた方がよかった。

また、サブシナリオの達成条件が余りにも投げっぱなしというか
実質ノーヒントに近い状態で
攻略サイトとかを見ないのであればひたすら街をしらみつぶしするしか
方法がありません。
昔のゲームの不親切さを再現したのかもしれませんが、
それにしても乱雑な印象が強いです。

また前述の通り裏ボスのところでようやく伏線が回収されるのですが
攻略サイトなしだとそもそも裏ボスにたどり着くサブシナリオに
全く気がつかないままゲームを終わりにしてしまう人が
大量に出てしまうのではないかと思います。
ここまで裏ボスにストーリー比重をかけるのであれば
各キャラの4章クリアから裏ボスまでの道筋を
もう少し丁寧につなげてあげるべきだった。

戦闘も中盤まではいいのですが、終盤になってくると
敵の行動が面倒になりすぎ、かつこっちの火力がインフレしてくるので
余計なこと考えずに高火力特技でごり押すのが最適解になってしまい
逆にえらく単調になってしまいます。
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・でしょうか。
裏ボスはそれでは通用しないのですが。

COMMENT

悪いゲームでは決してありません。
破綻はどこにもないですし、終わってみればよくまとまっています。
やっている間に退屈したり嫌気がさしたりということもありませんでした。
RPGとして見た場合、及第点を大きく超えていますし
買ったことにははっきり満足しています。

ただ、「何のために2018年にドット絵の新作RPGを出したのか」という
問いへの回答がほとんどなかった、というのがすごく気になりました。
例えばドラクエ3とかは「しゃべらない故の含蓄」とかが結構あって
あれをフォトリアル・フルボイスでリメイクしてもオリジナルより良くなるとは
思えない部分があります。
また最近の作品だと、例えばペルソナ5とかの独自のグラフィック調は
最新技術とは言い難いですが、
ゲームの雰囲気作りに非常に大きな役割を果たしています。

この作品はどうかというと、ドット絵・非フルボイスという手法は
純粋にマイナスにしか働いていません。
今すぐ全面フォトリアルかアニメ系JRPGグラフィックで
フルボイスにしてリメイクした方が断然良い作品になってしまう。

良くできてはいるのですが、
「25年前に発売されていたら時代を代表する作品の一つだったんだろうなあ」
というところまで、という感想です。
2018年の最新作品としてこれを勧めるか?といわれると
大きく首をひねってしまいます。

グラフィックだけが面白さじゃない、というのはその通りですが
それであれば「最新グラフィックを使わないことで実現した何か」が必要。
それがなければただの時代遅れで終わってしまいます。

悪い部分の文字数ばかり多くなってしまいましたが
色々と考えさせられるゲームでした。
繰り返しになりますが、ゲームそのものは決して悪くありません。

プレイ時間:05時間以上10時間未満(未)
らるさん[2018-09-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
3pt 3pt 3pt 3pt 3pt 3pt 2pt
総合点
60pt

GOOD!

BGMは優れています。耳に残るBGMになっています。
・8人のキャラクターごとのシナリオは面白い。設定や導入が優れていて、その先が知りたくなります。伏線の貼りかたがうまいです。
 さすがに、テーブルトークRPGのシナリオライターだけに、読み物として優れています。
 内容はかなり大人向けで、子供にはわからないストーリーです。
・ブーストとブレイクのある戦闘システムは一応戦略性があり、攻撃する順番を考えさせられます。単純な力押しの戦闘ではないです。
・ちょっとオープンワールド的なテイストがあり、シナリオの攻略順や都市の訪問順は自由です。
・フィールドコマンドがあり、ほぼ全てのNPCに対して使えるために、この効果を全て知ろうとするとやりこみがいがあります。
・サイドストーリーも豊富にあるので、寄り道もできます。
・2D画面でありながら、水面の光の反射光が立体的です。

BAD/REQUEST

短い。
 仲間は、単なる戦闘時の助っ人扱いです。せっかく助けたのだから、お礼イベントくらいあっても(特に第1章)。
 全てのキャラが絡むシナリオがないので、盛り上がりに欠けます。
・グラフィックはやはり古いです。PS4の豪華なRPGになれているとつらくなります。ちょっとムービーとか使って、イメージを広げさせてほしかった。ドット絵のキャラでは、感情移入ができない。声優の演技がいいので、その声だけに感情移入できました。
 実際、キャラの演技については、プレイヤーの過去の経験による想像力を試されるかもしれませんね。
・多重の2D画面のために、背景が書き割りポリゴンです。そのために、ダンジョンや道中のルートが判りづらいです。
・街をつなぐ途中の街道にはほとんど意味がなく、雑魚戦と宝箱をみつけるだけになっています。ストーリーに絡むイベントもないです。
・戦略性があると書きましたが、コツをつかむと戦闘は実際かなり単調になります。特に道中の雑魚戦が苦痛になるかも。オート戦闘がほしかったです。いまさらのランダムエンカウントも古い(ストレスフル)かも。
 また、こちらのレベルや進捗度合いで、FF8のように道中の雑魚敵が強くなるので、さらに単なる面倒な障害になっています。
・サイドストーリーは、かなりお使い要素感じる。それほど複雑なものは期待しないほうがいいです。オマケ
・FF系でありながら、習得できるアビリティが少ないので、キャラの成長への意欲がほとんどわきません。バトルジョブでは補完できない。

COMMENT

グラフィックが古臭いが、悪いゲームではありません。テーブルトークRPGをしている気分になります。
私は、戦闘行為が途中に割り込んでくる、「小説」&「ドラマCD」と割り切ってプレイをしました

プレイ時間:わからない(クリア済)
まろさん[2018-07-28 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

アクセスランキング

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
オープンエアアドベンチャー / 1人用
■価格:7538
■発売日:2017-03-03

Splatoon2 (スプラトゥーン2)
アクションシューティング / 1~8人用
■価格:6458
■発売日:2017-07-21

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)
ロールプレイング
■価格:7344
■発売日:2018-07-13

マリオ+ラビッツ キングダムバトル
シミュレーションアドベンチャー / 1~2人用
■価格:6458
■発売日:2018-01-18

インディヴィジブル 闇を祓う魂たち
アクション / ロールプレイング
■価格:4950
■発売日:2020-07-16

世界のアソビ大全51
テーブル / パーティー / パズル
■価格:4378
■発売日:2020-06-05

ヒューマン・リソース・マシーン デラックス
パズル
■価格:6600
■発売日:2020-03-12

Xenoblade2 (ゼノブレイド2)
ロールプレイング / 1人用
■価格:8618
■発売日:2017-12-01

カードファイト!! ヴァンガード エクス
シミュレーション / テーブル / ストラテジー / アドベンチャー
■価格:7538
■発売日:2019-09-19

オーバーライド 巨大メカ大乱闘 スーパーチャージエディション
アクション / 格闘 / パーティー
■価格:4620
■発売日:2019-12-12

レビュー投稿フォーム

【Switch】OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る