スーパーマリオ オデッセイ レビュー

スーパーマリオ オデッセイ
発売元 任天堂オフィシャルサイト
発売日 2017/10/27
価格 6,458(税込)
レーティング B / 12才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク 【 Amazonレビューも参考にどうぞ 】
タギングトップ3
タイトル概要 アクション


オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 5pt 5pt 5pt 4pt 4pt 2pt
総合点
89pt

GOOD!

■オリジナリティ ★★★★☆
敵キャプチャ自体はカービーでもありますが、3Ⅾゲームでここまでの種類を用意したのは例がないと思います。
シチュエーションごとの選択肢の幅は無くやるべきことが決まっていますが、シチュエーション自体が多数用意されています。
そのため、次はどういうギミックでくるのか、というワクワク感が最後まで持続します。

■グラフィックス ★★★★★
明るい色調で統一感がありながら、自然・都市・ 遺跡など多くの場面を、はっきりとそれと分かるデザインで用意しています。
表示欠けなども無く、行きたいところが目に付く3Ⅾデザインも秀逸です。
60fpsでヌルヌル動く点も評価できます。

■音楽 ★★★★★
導入の帽子世界のティムバートンのような世界から始まり、一転して恐竜世界で明るくキャッチーな曲になるなど、メリハリが効いています。
主題歌はシリーズ最高のものだと思います。

■熱中度 ★★★★★
とにかく次が見たくなる展開を、矢継ぎ早に繰り広げてきます。
クッパ打倒までは、一度もダレることなくプレイできると思います。

■満足度 ★★★★★☆
やりたいことができる操作性と、こんなこともできるんだという驚きが満載です。
程よい広さの箱庭世界での冒険で、達成感の連続でストレス解消になります。

■快適さ ★★★★★☆
ロード時間が少なく短く、ジョイコンの操作も大変快適です。
ジョイコン操作はよく練られていて、Wiiリモコンのようなやらされ感もありません。
2人で一人を動かすゲームとしても、最高の操作性だと思います。
ただ、2人から1人、その逆へと切り替えるための操作が面倒な点がマイナスです。

■難易度 ★★☆☆☆
クリアするだけなら、かなり簡単な部類だと思います。
おたすけモードなど、初心者救済の手段もきっちり用意されていて、3Ⅾ初心者でも苦労しません。
一方で、ムーン集めをやりだすとかなり難しい場面も多く、難易度の幅があります。

BAD/REQUEST

■満足度
一息にクリアしたくなる半面、いったんクッパを倒すと後はムーン集めとコスプレしかやることがなくなります。
ボリュームが足りないわけではありませんが、もっと色々したいなぁと思ってしまうのも事実です。

■快適さ
2人から1人、その逆へと切り替えるための操作が面倒な点がマイナスです。

■難易度
クリアまでの本編の難易度が低いため、高難易度を求めると足りなく感じるかもしれません。
逆に、ムーン集めの一部エリアやクリア後最終ステージが難しいため、それまでスムーズにできていた人でも、ここで詰む可能性があります。

COMMENT

本作は、いままでテレビゲームが培ってきた操作する楽しさを追求したもので、その期待に耐えるだけの厚みがあります。

マリオオデッセイは今までのゲームの集大成で、ゼルダBotWが次のゲームの先駆けと言われていましたが、まさにその通りです。

新ハード×新型コントローラでありながらクセも無く、誰がプレイしても、誰が見ても「すごいなぁ」と思えるような作品になっています。

大作アクション映画のようなワーッとプレイして楽しむゲームです。
ストーリーやキャラ育成には期待できないゲームで、そのつもりでプレイするのが良いと思います。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
hamigameさん [2018/02/07 掲載]

このレビューはオススメ? はい いいえ


← スーパーマリオ オデッセイ のTOPページへ戻る

スコアボード

スーパーマリオ オデッセイ 評価ランク
中央値
80
難易度
2.00
レビュー数
5