OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) レビュー

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)
発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2018/07/13
価格 7,344(税込)
レーティング C / 15才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク 【 Amazonレビューも参考にどうぞ 】
タギングトップ3
タイトル概要 ロールプレイング


オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 1pt 4pt 3pt 4pt 2pt 3pt
総合点
63pt

GOOD!

各キャラクターの性格やストーリーはシンプルですがどれもいいものばかり。
近時のRPGにおける重たい展開やこゆーいキャラ達に
疲れ切ってしまった人にとっては癒しともいうべき王道のファンタジーです。
こういうのがあってもいいかなと思います。

そして裏ボスに到達すると全てのお話の伏線が一気に回収されるのも
すごいと思いました。全体としてのお話はとてもよくできています。

戦闘はコマンド式RPGですが、一戦一戦雑魚戦含めて非常に頭を使います。
結構高度な戦闘で、やりがいも十分。

行動はとにかく自由です。
最初からどこに行ってもいいので、攻略順を工夫することで
楽にも出来るし難しい道を歩むことも出来ます。

JRPGの特徴ですが本当に音楽はしっかりしている。
サントラ買いたくなりました。

BAD/REQUEST

グラフィックに関してはちょっと酷評になります。

ドット絵にはドット絵の味がありますし、
アニメ絵もフォトリアルも出来なかった昔のRPGは
あえてキャラを最小限しか動かさないことで表現に含蓄を出す、
というような面もありました。
また、グラフィックを最小限にすることでその分容量を確保し
イベントの数を増やすというようなこともあったかと思います。
そういう意味で今作には「ドット絵RPGならではの表現とボリューム」を
期待していたのですが・・・。

メインストーリーではなんだかんだで主人公達はぺらぺらしゃべります。
それでだいたい心情とかも表に出てしまっていて、
表現を抑制した故の含蓄とかはあまりありません。
ボリュームもそんなにあるわけではない。
ドット絵故の表現とかボリュームはほとんど見られませんでした。
これだったらフォトリアルやアニメ絵で
きちんと表情まで描いてしまった方がずっといいです。

背景や水の表現に関しては非常にきれいです。
ただ、キャラクターがドット絵であるが故に
背景から完全に浮き上がってしまっていて不自然この上ない。
ドット絵を貫くのであれば背景ももう少し親和的に作って欲しかった。
またフィールドはとにかく見にくい。
昔のRPGならではの進路の見やすさが全くないですし
3DRPGのようにカメラを回して視界を確保することも出来ない。
画面のどこに進路があるのかを確認するのに非常に手間取りました。
昔のRPGと現代RPGの悪いとこ取りになってしまっています。

サブシナリオに関してはどれもいささか単調。
かつ主人公達はひたすら無機質に動くだけなので
(せっかくしゃべらないのに、それ故の含蓄とかも全然出てない)
とにかく無味乾燥になってしまっています。
メインストーリーで出てきたキャラにまつわる話もいっぱいあるのに
関係する主人公との絡みもほとんどありません。
当該キャラのサブシナリオについては対応する主人公を先頭にしないと
開始されない、という形にしてきちんと絡めた方がよかった。

また、サブシナリオの達成条件が余りにも投げっぱなしというか
実質ノーヒントに近い状態で
攻略サイトとかを見ないのであればひたすら街をしらみつぶしするしか
方法がありません。
昔のゲームの不親切さを再現したのかもしれませんが、
それにしても乱雑な印象が強いです。

また前述の通り裏ボスのところでようやく伏線が回収されるのですが
攻略サイトなしだとそもそも裏ボスにたどり着くサブシナリオに
全く気がつかないままゲームを終わりにしてしまう人が
大量に出てしまうのではないかと思います。
ここまで裏ボスにストーリー比重をかけるのであれば
各キャラの4章クリアから裏ボスまでの道筋を
もう少し丁寧につなげてあげるべきだった。

戦闘も中盤まではいいのですが、終盤になってくると
敵の行動が面倒になりすぎ、かつこっちの火力がインフレしてくるので
余計なこと考えずに高火力特技でごり押すのが最適解になってしまい
逆にえらく単調になってしまいます。
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・でしょうか。
裏ボスはそれでは通用しないのですが。

COMMENT

悪いゲームでは決してありません。
破綻はどこにもないですし、終わってみればよくまとまっています。
やっている間に退屈したり嫌気がさしたりということもありませんでした。
RPGとして見た場合、及第点を大きく超えていますし
買ったことにははっきり満足しています。

ただ、「何のために2018年にドット絵の新作RPGを出したのか」という
問いへの回答がほとんどなかった、というのがすごく気になりました。
例えばドラクエ3とかは「しゃべらない故の含蓄」とかが結構あって
あれをフォトリアル・フルボイスでリメイクしてもオリジナルより良くなるとは
思えない部分があります。
また最近の作品だと、例えばペルソナ5とかの独自のグラフィック調は
最新技術とは言い難いですが、
ゲームの雰囲気作りに非常に大きな役割を果たしています。

この作品はどうかというと、ドット絵・非フルボイスという手法は
純粋にマイナスにしか働いていません。
今すぐ全面フォトリアルかアニメ系JRPGグラフィックで
フルボイスにしてリメイクした方が断然良い作品になってしまう。

良くできてはいるのですが、
「25年前に発売されていたら時代を代表する作品の一つだったんだろうなあ」
というところまで、という感想です。
2018年の最新作品としてこれを勧めるか?といわれると
大きく首をひねってしまいます。

グラフィックだけが面白さじゃない、というのはその通りですが
それであれば「最新グラフィックを使わないことで実現した何か」が必要。
それがなければただの時代遅れで終わってしまいます。

悪い部分の文字数ばかり多くなってしまいましたが
色々と考えさせられるゲームでした。
繰り返しになりますが、ゲームそのものは決して悪くありません。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
らるさん [2018/09/02 掲載]

このレビューはオススメ? はい いいえ


← OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)のTOPページへ戻る

スコアボード

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)評価ランク
中央値
66
難易度
2.25
レビュー数
8






サイト情報

レビュー更新情報(19/08/06)
ドラえもん のび太の牧場物語 (1件)
じんるいのみなさまへ (1件)
スーパーマリオメーカー 2 (1件)
マリオテニス エース (1件)
Cytus α (1件)
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL (1件)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (1件)
Fit Boxing(フィットボクシング) (1件)
スーパーマリオ オデッセイ (1件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(19/08/05)
クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ! (新規募集)
クリスタルクライシス (新規募集)
オメガラビリンス ライフ (新規募集)
ファイアーエムブレム 風花雪月 (新規募集)
釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン (新規募集)
ルーンファクトリー4スペシャル (新規募集)
レビュー更新情報(19/07/08)
スターデューバレー コレクターズ・エディション (1件)
ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ (1件)
レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 DX (1件)
ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX (1件)
FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster (1件)
ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ (1件)

※各種メンテナンス中。ご不便をおかけいたします。
※順次更新作業中となります。