このソフトのレビューを書く

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
発売元 任天堂オフィシャルサイト
発売日 2017/03/03
価格 7,538円(税込)
レーティング B / 12才以上対象 (CERO について)
タギングトップ3    
タイトル概要 オープンエアアドベンチャー / 1人用
スクリーンショット
(クリックで拡大)

スコアボード

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド評価ランク
総合ポイント
81
難易度
2.72
レビュー数
18

スコアチャート ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
5.6%
40-49
5.6%
50-59
0%
60-69
38.9%
70-79
44.4%
80-89
5.6%
90-100
【60点以上】
88.9%
【標準偏差】
13.22

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 5pt 4pt 5pt 3pt
総合点
88pt

GOOD!

■オリジナリティ
「ここが特別素晴らしい!」といった要素は無いものの、
一つ一つの要素が非常に丁寧に作られていて、
結果的に他にはない唯一無二の素晴らしいゲームになっています。

とにかく「オープンワールド」として良く出来ていて、
プレイヤーの行動一つ一つに対しちゃんと反応が返ってくるのが楽しい。

武器防具も基本的には耐久度が無くなると壊れてしまうので、
「いつ、どこで強力な武器防具を消費するか」という駆け引きが常に有り、
緊張感の有る旅を楽しめます。

また、最初からほぼ全て「何でも出来る」状態でありつつ、
最初は武器防具の持てる数が少ない事で強い敵に挑むのが困難になっていたり、
スタミナが少ない事で行ける場所が限られていたりと、
「少しずつ出来る事が行動範囲が増えていく」というバランスが凄く良く出来ています。

今まで遊んだオープンワールド作品の中で、一番面白かったです。

■グラフィックス
トゥーンレンダリングでもなくリアル調でもない、
ふんわりとした独特な雰囲気が非常に良いです。

スクリーンショットで見ると汚く見えますが、
実際に遊ぶと天候や土地による様々な景色が凄く綺麗。

■音楽
印象に残る音楽が多く、
特にハイラル城で流れる音楽の演出が素晴らしかったです。

是非ともサントラが欲しいと思う出来栄え。

■熱中度
久々に寝食を忘れるほどのめり込んで遊びました。
プレイヤーによって全く違う攻略法や進み方が発生するので、
相当な時間を遊んだ後でも新たな発見があり、楽しいです。

自由な世界が用意されているだけに、
プレイヤーごとに様々な独自の遊び方も開発されていて、
本当に飽きないゲームになっています。

今までのゼルダは謎解きがメインになっていましたが、
これを祠やコログ探しという要素にしたのが個人的に凄く良かったです。
特に目的もなく走り回って、祠やコログを見つけて謎解きを行って、
というだけで相当な時間遊べます。

ここまでゲームに熱中したのは久々なので、5点としました。

■満足度
上記、オリジナリティや熱中度で書いた通り、満足度はかなり高いです。
とは言え、ところどころ不満点は有るので、4点としました。

■快適さ
快適さが本当に素晴らしいです。
この作品を遊んだ後に他のオープンワールド作品を遊ぶと、
アレが出来ない、コレも出来ない、それが面倒だと感じてしまうほど、
様々な面で丁寧に作られています。

特に「どこでもよじ登れる」「パラセーリングで簡単に降りれる」の2点が大きいです。
広大な世界を自由に動き回れるだけで本当に楽しいと思えます。

一部メニュー周り等で不満点は有るものの、
オープンワールド作品でここまで快適に遊べた経験が無いので、5点としました。

■難易度
ちゃんと考えて行動しないとザコ敵にも簡単にやられてしまいますが、
逆に言えば「プレイヤーの行動がそのまま結果となって返ってくる」という事になります。

難しいには難しいものの、しっかり考えて行動すればちゃんと攻略できる、
というバランスになっていると思います。

BAD/REQUEST

■料理、薬の作成が面倒
このゲームは基本的に回復アイテムを料理で作る必要が有るのですが、
毎回メニューで素材を1個ずつ選んで手に持って、
鍋に投げ入れて暫く待つという手順を繰り返す必要があります。

プレイ中に何百回と行うことになるので、
一度作った後はレシピ一覧から実行できる、といった救済措置が欲しいです。

■アイテム所持量が増えると管理が大変
ある程度ゲームを進めると武器防具から素材アイテム、料理など、
それぞれがかなりの数になりますが、
ただズラーっと並ぶだけのメニューは操作が煩雑になってきます。

種類を細分化して階層を分ける等の工夫が欲しかったです。

■強い武器防具を揃えても使い道がない
ある程度育てるとラスボスも割りと簡単に倒せてしまい、
その他にコレといった強敵もあまり居ないため、
強力な武器防具を手に入れても意味がなく、目的を見失いがちです。

■倉庫がない
厳密に言うと家を購入して武器防具を飾る事で倉庫代わりに出来るのですが、
数が少ない上に一々家に戻る必要があるので、実用的ではないです。

結構簡単に壊れてしまうものばかりなので、
倉庫機能はもうちょっと充実させて欲しかったです。

■雨、雷雨はデメリットばかりで面倒くさいだけ
どこにでも登って移動できるのが良いゲームなのに、
雨だと途端に行動範囲が狭まってしまい、
しばらく棒立ちで待つといった事になりがち。

雷も敵に当てるなど多少のメリットは有るものの、
ほぼ使い道は無いのでウザったいだけに感じます。
やはり、時間経過で過ぎ去るのを待つしか無いため、面倒。

COMMENT

本当に、今まで遊んだゲームで一番面白かったかも、と思えるほど楽しめました。

武器防具に耐久度が有る(しかも結構すぐ壊れる)といった、
人にって好みが大きく分かれそうな要素も有りますが、
これ程までに完成度が高いゲームはそうはないので、
ゲーム好きであればとりあえず遊んで欲しいと思える作品です。

まだまだ遊び足りないので、今後のDLCが楽しみ。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
ひろきんさん [2017/04/30 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 5pt 4pt 4pt 4pt 3pt 3pt
総合点
79pt

GOOD!

wiiリモコンを必要としないゼルダ
自分としてはまずはこれですね。トワプリ、スカイとwiiリモコンによる体感操作でしたが自分はなじめなくてトワプリはGC、スカイは途中で挫折しましたがコントローラー操作なので安心しました。(ただし問題点事態はあります)

グラフィック
文句なしに綺麗です。トワプリをうまくトゥーンレタリングした感じでいろんな景色を見に行きたくなりました。今回は実際にその景色に行くことができるのでなおいいですね。

音楽
スカイの女神の歌のように燃えるのは少なめですが雰囲気に合ってる、どこか悲しい感じのBGMはよかったです。特にリーバルの再会時のBGMはうるっときました。

熱中度・満足感
気が付いたらすごい長い時間プレイしていました(笑)。移動がメインと言うのもあるのでしょうが、目的地に行く途中に祠とかあるとついよってしまって思いのほか時間をかけてしまいます。携帯機としてできるのもgood

ストーリー
敗北したところからスタートと言うのは斬新に感じました。ボイスが付いたことでより感情移入しやすくなっており、再会時やエンディングは本当に感動しました。

BAD/REQUEST

ロード
ワープ時のロードが長めですね。どうしてもトワプリのワープと比較してしまいます。

天候
はっきり言って雨と雷は邪魔です。山頂付近で雨になってイラついたのは私だけじゃないでしょう。特に今作は高低差がすごいので余計に目立ちます。

ストーリー
感動はします・・・が、そこに行くまでの差が激しいのはマイナスですね。ゾーラ編だけ異様に気合い入ってるのに他のルートはいまいち盛り上がりに欠けます。再会イベントがあってようやく面白く感じます。

マスターソードについて
なぜハート13も必要なのか・・・。最初に伝説の剣あってもそれはそれで問題なのでしょうが・・・個人的にはマスターソードで神獣達を救いたかったですね。もしそれがだめなら台地+4神獣分で手に入るライフ8位でもいい気がします。
また耐久があるのも嫌でしたね。武器の耐久の追加自体はいいのですが、マスターソードくらいは「攻撃力は低めだけど無限使用」でよかったと思います。(実際大剣なんかは2倍以上威力あるのもありますので)ハイラル城や神獣内以外だとほんとすぐぶっ壊れます。

システム
キーコンが欲しかったですね。剣なんかはどうしても時のオカリナ3Dの感じでBボタンでやりたくなります。また回避中に誤ってしゃがんだりもしてしまうので。

COMMENT

悪い点もありますがそれ以上にいい点も多く、久方ぶりにゲームらしいゲームをしました。ムジュラ3D以来の3Dゼルダでしたが安定して面白いのが魅力ですね。スイッチを買ったら一緒に買っていい一本だと思います。

プレイ時間:30時間以上40時間未満(クリア済)
kuronoさん [2017/03/18 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
5pt 4pt 4pt 5pt 4pt 3pt 3pt
総合点
85pt

GOOD!

オリジナリティ
ジャスト回避でスローモーションになったり、壁を登ったり、物理演算が取り入れられている等の要素がこのゲームにはあり、それらは決して目新しいモノではないのでオリジナルとは言えそうにありません。しかしそれらのどれもが高い完成度でまとまっていて組み合わさることにより全く新しい体験を私達に与えてくれます。

グラフィックス
流石にps4などのゲームと比較すると解像度の点では軍配が上がる事はありませんが、このゲームの注目すべきは空気感です。リアル過ぎずアニメ調過ぎずな絶妙バランスのグラフィックスで風に揺れる草木や白銀の雪原が描かれている様は圧巻の一言です。まるで自分が画面の中にいるかのような没入感を味わえます。

音楽
フィールドでは気まぐれにピアノの微かな音が聞こえるぐらいでほとんどSEのみです。しかし敵と遭遇した時には一変して流れるような躍動感のあるピアノ音楽が流れます。この静と動のコントラストがゲームをより面白くしてくれます。

熱中度
先述の通りこのゲームは没入感が凄く止め時が見つからないので、
1時間だけプレイするつもりが気づけば5~6時間経っていたなんて事もよくあります。私も買った初日は16時間連続でプレイしてしまいました。

BAD/REQUEST

満足感
満足感が5ptで無かった理由としては後に述べる快適さの点ともう一つは「ゼルダ成分」が少し足りなかった所でした。要するに従来のゼルダを期待してこのゲームをプレイすると少し肩透かしを食らった気分になると言う事です。そもそも ゼルダのアタリマエを見直す と言う名目でこのゲームが作られたのでそれは仕方ありませんが ファンとしてはもう少しゼルダらしさが欲しかった所でした。しかしまあゲーマーとしてはこの上なく楽しめたので 決してつまらなかったと言うわけではありません。

快適さ
操作感はそれほど不快ではありませんでした。武器選択が少し複雑だったのとダッシュジャンプが若干やりづらいくらいです。よく言われているフレームレートの問題は全く気にならず 最近ではアップデートで改善されているようです。それでも許せない問題点もあって、それが雨です。雨の中では滑りやすくなるので壁登りがほとんどできず冒険の妨げでしかありませんでした。焚き火を焚いて時間を進めようにも当然火はつかず、綺麗な景色も雨の前では為す術がありません。アップデートでの早急な対応もしくはDLCでもいいので雨でも滑らない道具や晴れにする道具の用意が望まれます。

COMMENT

オススメポイントはこのゲームの世界の許容範囲が恐ろしく広くかつ濃密である事です。例えばスイッチを押している間しか開かない扉の前でプレーヤーは近くにあるタルでスイッチを押す事もできれば 持ってるリンゴをいくつか置いて押す事もできるし 物体の動きを止めるアイテムでスイッチを止めている間に扉を通過することだって出来ます。そう言う意味では今回の謎解きは用意された正解を当てて目的を達成する事を楽しむよりもいかにして目的を達成するかを自身で自由に考えるそのプロセスを楽しむ物になっています。つまりプレーヤーの考える事の95%ぐらいは実際に出来てしまうと言う事です。
フィールドの濃密さに関しては あらゆる所に配置されたオブジェクトにプレーヤーは心を奪われます。目的地に行く道中でモンスターに襲われている人と遭遇し、助けてやるとお礼に食べ物をくれます。さらにその先にモンスターのアジトと宝箱を発見し意気揚々と突撃しますが返り討ちにあい泣く泣く退散します。しかしその先に祠を見つけ強い弓矢を手に入れます。祠から出た後はその後武器でさっきのモンスターにリベンジを果たし見事宝箱をゲットします。
というように寄り道させる工夫が随所に散りばめられていてそのためプレーヤー は当初の目的などすっかり忘れてその日を終えるのです。
ゼルダシリーズはどれも本当に面白く、任天堂の底力をまじまじと見せつけられます。今作も例外ではなく、私のプレイしたゲームの中でも三本の指には確実に入り 2週間で100時間以上プレイしたのはコレが初めてでした。とにかく国内外で絶賛の嵐となっているので是非プレイしてこの世界を堪能して貰いたいです。

プレイ時間:100時間以上(未クリア)
ヌメラさん [2017/04/30 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  114人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
5pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
78pt

GOOD!

掛け値無しに世界のどこへでも行ける本当のオープンワールド。
そしてそれ以上に、何をしてもいい、どこに行ってもいいという
どこまでも自由な作りになっています。

オープンワールドというと
「どこへでも行けますけど話のルートは決まっていますのでたどって下さい。
ただし寄り道はいっぱいあるので楽しんでね!」というパターンか
あるいは
「世界だけ作りました。ここで何をするかはあなた次第です。
後は知らないので好きに楽しんでね!」というパターンかどちらかですが
今作は違います。
ものすごく自由ですが目的はたった一つ。
「どんなルートを取っても結構、どんな手段を使っても結構ですから
とにかくガノンを倒して下さい。」という作り。
こういうゲームって実は最近ほとんどなかったりします。

試練の祠の仕掛けはすごく良くできています。
ノーヒントだとそもそも何をしていいか
わからないようなものもいくつかありますが
正攻法で解くも良し、多少ずっこいやり方を編み出すも良し。
結構解法も自由だったりします。

武器を集め防具を強化して祠をクリアしまくって最強リンクを作り
武装と資源の力でガノンを圧殺するも良し。
チュートリアル終了直後にハイラル城に特攻して
最速でガノンを討ち取るも良し。
まさに世界全体がスタッフからの挑戦状です。

難易度的な妥協もありません。難易度設定なんてものもありません。
ガチンコ勝負の難易度。
むろんこれも「勝てば官軍」とばかり資源で圧殺する手法なら
アクションの腕がなくてもどうとでもなったりします。
その辺の自由さもさすが。

画面もSwitchなりではありますが非常にきれいにできています。
トゥーン調としては最高クラスじゃないかな。

キャラクターのセリフや考え方は非常にしっくり来る和ゲー調。
大作ソフトの多くが海外製になっている今、なかなかうれしい。

BAD/REQUEST

どこへでも行ける自由度が売りのゲームで
雨になると山登りが制限されるのはかなりきつい。
無論その時間をどう使うのかも戦略のうちではあるのですが
ストレスフルな要素だったりします。

ゲームを一定以上進行すると、リンクをやたらつけ狙ってくる集団が
街道沿いをずっとストーカーしてきたりします。
ちょっと多すぎるというかこれも探索のストレス以外の何物でもない。

クリア後のやり込み要素となるとコログの実ということになりますが
残念ながらこれは単調そのもの。
仕掛けの種類は10種類くらいしかなく、延々その繰り返しになります。
まあそもそもこれは旅先でたまたま遭遇した物を拾えばいいだけで
全部集めるような物じゃないという話もありますが。

DLCは・・・ほぼ全部のコンテンツがいわゆる「縛りプレイ」です。
どんな手段を使っても勝てば良かったゲームなのに
資源圧殺戦法を全否定するのはいかがなものかと思います。
圧殺派としてはDLC買う気がしません。

UIは基本良くできていると思うのですが
アイテム関係の階層が少し深すぎて
必要なアイテムにたどり着くのに
少し操作が多くかかり過ぎるのが気になりました。

COMMENT

7割携帯モード、3割がジョイコングリップ。

ファミコン自体のゲームで、とにかくばかでかいフィールドを用意して
「その中を自由に動いて目的を達成してごらん」
というものがいっぱいありました。
このゲームは、そういうファミコン時代のゲームデザインを
現代の技術でガチンコに再現してしまった、恐ろしいゲームだと思います。
ゲームバランスも21世紀のものじゃなく、1980年代の鬼バランス。
ソウルシリーズあたりとは全く違う方向性で、
ぬるま湯に慣れきった現代ゲーマーに冷や水ぶっかける恐怖の作品です。

祠やダンジョンの仕掛けのあり方とか、
個人的には余り好きなタイプのゲームではありません。
仕掛けに対する試行錯誤をストレスなく繰り返せるという意味では
マリオオデッセイの方がずっと好きだし良くできているとは思います。

でも、そういう「好きじゃない」人に
100時間投げ出さずにやらせる作りって
恐ろしいものがあると思います。
決してお気に入りのゲームではありませんが、
このゲームの制作者に対しては全面的に敬意を表したいと思います。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
らるさん [2018/02/07 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 3pt 2pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
71pt

GOOD!

・自由度の高さ
とにかくどこにでも行ける。山だろうが崖だろうが視界にうつるものほぼ全てに登ることができる。ただ歩き回っているだけで楽しい。
試練の祠も謎解きの回答が1つではなく、様々なものを用いて自分なりのやり方で(時には強引に)突破できたりなどこちらの意味でも自由度が非常に高い。

・尋常ではないやり込み要素の数
100を超えるミニダンジョンやコログの実、素材集めや料理のバリエーション、野生馬の厳選など挙げればキリがない。そろそろプレイ時間が300を超えるがとてもコンプリートできそうにないくらいの圧倒的ボリューム。

・グラフィック
人物はトゥーン色が強めに出ているが、岩肌などの背景はリアルに描かれており実際に大自然を冒険しているかのような気分に浸ることができる。

・人々との交流
ムジュラのように時間帯によって人の動きが変わったりイベントが起こったりと非常に細かく設定されており、世界観のリアルさに拍車をかけている。さらに交流することによってできることが増えたり、村を作ることも可能などやり込む価値もある。

BAD/REQUEST

・メインストーリーについて
今作はサブのやり込み要素を重視したつくりであるためメインのストーリーが物足りない。
リンクの記憶の断片など少しの情報しかないため仕方がないが、英傑のキャラがやや弱く、一部はマンネリ感もある。今後に期待。

・メインダンジョンについて
メインダンジョンが4つしかなく、設定上仕方ないが内部風景もにたようなものばかりで敵も呪い関係ばかりでバリエーションも少なく殺風景に感じた。
ボスも全員属性の違うだけのカースガノンでダンジョンのボスに会うワクワク感が薄い。
クリア後は二度と入ることができず、後でゆっくり探索、なんてこともできない。

・雨
雨のときは取れる素材が増えたり隠密性が上がったりするが崖ですべる、焚火ができない、雷に備えて装備を変えなければならないなどマイナスの面が印象深い。さらに頻度もかなり多く鬱陶しい。

・武器について
武器が壊れるシステムは別にいいが、マスターソードが壊れるのは個人的にいただけない。
おまけに耐久も低く普段は威力も低い。
ハイリアの盾は耐久は高いがいずれは壊れる上買値は高いので結局使わなくなってしまう。
従来の装備で気軽に歩き回れないのが残念。

・音楽
音楽については個人的には微妙だが、背景や作風にはよくあっていると思うので特に言及はしない。

COMMENT

メインコンテンツの物足りなさからやや悪い面が多く書き出されてしまったが、それを大きく上回るレベルのやり込み要素の膨大さ、優秀さで歴史に残る傑作であることは確信できた。
3Dゼルダの当たり前を大きく見直した今作はこれからのゼルダのありかたに大きく影響を与えただろう。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
蘇生核細胞モルドモルドさん [2017/11/15 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 3pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
88pt

GOOD!

もともと任天堂が好きですが、プレステ1なども少しやってきた30代前半です。
最新のゲームながら、スーファミ時代のゲームを思い出します。
どこへ行けばいいのやらとか、すぐゲームオーバーになるけど
何度もトライしたくなる熱中度などなんか懐かしいんです。

このゲームの良いところは、ずばりゲーム操作性ではないでしょうか。
アクション動作にもストレスはなく、自由に即行動できる。
イケメンがだらだらくっちゃっべって30分してようやく行動できるゲームとは逆。
スキップも簡単にできる、少し前にも簡単にできる、
画質や音楽やストーリーがいいゲームはたくさんありますが、
これだけゲームゲームしているゲームは今では見られないと思います。
俺がリンクだ!!

BAD/REQUEST

オープンワールドというゲームだそうで、
自分はそういう部類に含まれるゲームプレイ動画をたまに見るくらいですが
たぶん、リアル系のゲームを期待していると少しがっかりするかもしれません。
これはそういうタッチのせいもあるので一概に悪いとも言えないですし、
自分はグラフィック至上主義ではないので問題はありませんでしたが
ゾンビドバドバグロゲーム(仮)みたいなリアルさはありません。
スイッチは発売されたばかりで未知数なのでグラフィックは3にしておきます。

COMMENT

今でも年間10本以上もゲームを買うほどのゲーマーの自分ですが
今回も任天堂はやってくれたと心の底から思いました。
ゼルダは時オカ以来でしたが買って良かったです。
他のメーカーのゲームをプレイしていてよく思うのですが
「ゲームを楽しめなくなったのは大人になったからなのかな」と思っていました。
そんな矢先、任天堂のスイッチでゼルダの伝説が発売されると聞き、
久しぶりにゲーム機を予約してゼルダも買いました。
自分が小中学生の頃に、スーファミのRPGで友達とゲームの進行や
ダンジョンの場所を話し合ったりしていましたが、
その頃の感覚を取り戻したと思います。
ありがとう任天堂!!
これからも付いていきます!!

プレイ時間:40時間以上60時間未満(クリア済)
学生時代はワルイージポジションwさん [2017/04/30 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
77pt

GOOD!

ふと思いついたことが割となんでもできること。

祠の試練でジャイロセンサー使っての玉転がし迷路があるのだが、体感ゲーム系は
苦手で怒りでレバガチャしてたら、迷路台が凄い角度まで傾いたので、「ひょっとしたら迷路台ひっくり返るかも?」とやってみたら簡単にクリアできたので、正攻法じゃなくても思いつきと直感でやれることが多いのが凄かった。洋ゲーでも中々ここまでできるのは限られてくると思う。

BAD/REQUEST

素晴らしい作品だけど、ダッシュ、ジャンプ、しゃがみボタンの配置だけが駄目。
ダッシュとジャンプの配置は変えられるが結果的に言えば一緒。
ダッシュジャンプをしようとするとジョイコンだと、どうしても攻撃ボタンに当たってジャンプ攻撃なってしまうことが多かった。
メタルギアソリッド5やウォッチドックス2のように、しゃがみボタンをダッシュにすればよかったのにと思う。

COMMENT

ゼルダに昨今の洋ゲー作品の良い所を盛り込んだ名作。
洋ゲーファンはハマると思う。
洋ゲーは敷居が高いと思ってる人は是非やってほしい。グラフィックがシンプルで色々見通しやすいから洋ゲーよりは敷居が低く感じるはず。

ロンチ作品でこんなにハマってるのは初めてかもしれない。
これを今後のベースにされると後発サード作品が大変そう。

プレイ時間:30時間以上40時間未満(未クリア)
りあんくさん [2017/03/11 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
5pt 5pt 5pt 5pt 4pt 3pt 4pt
総合点
89pt

GOOD!

オリジナリティ、熱中度【5点,5点】
今までのゼルダは、ストーリーやダンジョン、街に行くときでさえも
必須アイテムを予め手に入れておき、決められた順序に従い、攻略する必要があった。
しかしBotWでは、このゲームの攻略に必須なアイテムが最序盤で全て手に入ってしまう。
そしてそこからの攻略の手順はほぼ自由である。
どの街、祠、ダンジョンから手をつけてもいいし、いきなりハイラル城に赴き
厄災ガノンに挑むこともできる。

目的地に行く手段は1つではない。馬を捕まえて街道を行くも良し、山をひたすらクライミングして
高所からパラセールで飛んで行くも良し、木を切り倒してビタロックで力を溜め、
木に乗って飛んで孫悟空の気分を味わいながら行くも良し、という自由度を誇る。

魔物の処理の仕方だって1つではない。剣で斬り刻むも良し、弓でヘッドショットを狙うのも良し、
爆弾タルを炎の弓で爆発させるも良し、周りのオブジェクトを押して転がしたり、
マグネキャッチで掴んで殴るのも良し、寝ているところを背後から忍び寄りステルスキルするも良し、
武器の耐久度を下げたくなければ無視してしまうのも良し、という自由度を誇る。

祠の攻略も、正解が1つだけというものはあまりない。スイッチの押し方一つとってみても、
リンクが直接乗るも良し、ビタロックでスイッチを押した状態で止めるのも良し、フィールドで
拾ったリンゴを乗せまくるのも良し、(以下同文)。
モーションコントロールで迷路を傾けて玉を転がし、ゴールまで導くという正直言って
結構うっとおしい謎解きがあるが、コントローラーを180度ひっくり返せば壁ひとつない平面になるので、楽にゴールまで導けてしまう。そんなやり方ズルイ!と誰かに咎められることはない。
高精度な物理演算によって、プレイヤーのひらめきをほぼ実現できてしまうのである。
もちろん従来のゼルダのような一本道攻略の祠もある(一概に一本道が悪いと言っている訳ではない、うまく順番通りに攻略できた!という達成感が味わえる)。
祠にたどり着くまでが謎解き、というパターンもあるので、祠の攻略に飽きてしまうということは
あまりないだろう。祠120箇所ほぼ全てにオリジナリティがあるのである。
4つある大型ダンジョンはどちらかといえば従来のゼルダの一本道ダンジョンに近いが、
ダンジョン自体を操作して謎を解くという、斬新でかつゼルダらしい謎解きが楽しめる。

フィールドはかの名作オープンワールドゲーム、スカイリムよりも広大で、
見えるところはほぼ全て自由に行けてしまう。祠やダンジョン以外の壁、崖はほぼ全て
クライミング出来るように設計されているからだ。
それにも関わらず、フィールドにイベントやギミックが少なくてスカスカということはあまりない。
5つのダンジョン、9つの街、15のシーカータワー、15のメインクエスト、76のサブクエスト、120箇所の祠、900個のコログの実(!?)と、コンテンツは結構充実している。
また、これ以外にも、爆弾で破壊可能なオブジェクトがあちこちにあったり、
希少価値の高い鉱石が掘れたり、宝箱があったりと、しっかりと密度がある為、
マップ探求のモチベーションがずっと維持される。
地形のバリエーションも草原、湿原、森林、湖畔、雪山、砂漠、火山、海岸、遺跡、渓谷など、
非常に豊かでディテールが素晴らしい。
気温の概念があり、火山や砂漠、雪山は防具や料理、薬などで何かしらの対策をしなければダメージを
受けてしまったり、火山に至っては木製の装備は瞬く間に燃え尽きてしまう。
天気の概念もあり、雨が降れば崖登りがほぼ不可能になってしまうが、雨音によって足音が
かき消されるというメリットもある。雷雨の時は、金属製の武具を身につけていればリンクに
直接雷が落ちて即死級のダメージを受ける。しかし金属製の武具を敵の近くに投げつけ、
そこに落雷させるという戦略をとることもできる。

BotWでは草を切ったり壺を壊してもハートやステータス強化アイテムが出現することはない。
フィールドに落ちている果物や、狩をして手に入れる食材を食べたり、それらを使って料理をしたり、
魔物の素材や虫素材を調合して薬を作ることでハートを回復したり、ステータス強化ができるようになっている。
料理や薬のバリエーションは膨大で、強化の内容も移動速度アップ、攻撃力アップ、雷ダメージ軽減
などバリエーションに富んでいる。

戦闘システムには大幅な改良が入った。伝統の注目システムは健在であるが、
新たにジャストパリィによって敵の攻撃を弾いて武器を落っことしたり、
ジャスト回避によってリンク以外がスローモーションになって一方的に攻撃が出来るラッシュが
追加され、戦闘の爽快感は従来より大幅に増した。

武器や防具のバリエーションもこれまでより遥かに増えた。今までの片手剣、弓矢に加えて、
大剣やハンマー、槍が追加され、リンクの攻撃モーションもそれぞれ異なる。
防具は頭、胴、脚の3つの部位に分けられ、自由に組み合わせて様々なステータス強化ができる。
攻撃力や防御力が数値として明示されるようになり、武具の強弱がわかりやすい。

グラフィック
携帯もできるゲーム機とは思えないほど綺麗。
サブタイトルの「ブレスオブザワイルド」、直訳すると「野生の息吹」だが、
陽の光や風、草の揺れ、岩肌、野生動物の挙動に至るまで、非常にリアリティに力が入っている。
「自然の中で冒険している感」がすごく感じられる。
PS4のゲームと比べると(こんな比較は酷かもしれないが)明らかにポリゴン数が少ないが、
光源処理が上手で、海面に反射する夕焼けは非常に美しい。
任天堂のゲームの例に漏れず水の表現が素晴らしい。
本作の冒険感の根幹として、グラフィックが美しいというのは重要である。

音楽
ピアノがメインの、どこが儚げで美しい音楽は、大厄災によって滅んでしまった世界観に
絶妙にマッチしている。
ガノン戦の音楽もメインテーマとガノンのテーマのメロディが使われており、非常に素晴らしい
クオリティだ。

快適さ
オープンワールドなのでシームレスで、フィールド間を移動しても、家に入っても従来のゼルダと違い
ロードの為に画面が暗転するということはない(ただしワープするとロードが入る)。

ファストトラベル機能が非常に充実しており、120箇所の祠、15箇所のシーカータワー全てに
ワープすることができる。街や馬宿の近くに必ず祠があるので、とても便利である。

ファストトラベル以外の移動方法も充実している。
先述したように、ほぼ全ての壁・崖をクライミングすることができる。
そして高所に登ったところから遠くの目的地めがけてパラセールで滑空することができるので、
高低差が激しいところや馬でいけないようなところでは便利な移動方法である。
世界各地で野生の馬が生息しており、それを捕まえて馬宿まで連れていき、自分の所有馬として
登録することができる。馬の皮膚の模様によってある程度馬の性能がわかる
(無地の馬は気性が荒いが走るのが速い傾向にある、等)。
また、ウィッチャー3のように馬はスティック入力をしなくても街道に沿って自動で走ってくれる。

キャラクター/ストーリー
ゼルダ初の本格的なボイスがついた。リンクは相変わらず無口だが、
それ以外のメインキャラクターはちゃんとセリフを喋る。
特にゼルダの声優さんの演技が素晴らしい。
8ヶ国語にローカライズされており、もちろん各言語で声優さんが異なる。

4体の神獣を解放し、祠の試練をいくつもクリアして力を蓄えてから厄災ガノンに挑む、
というストーリーは王道だが、単純明快でわかりやすい。
4体の神獣を解放してからガノンに挑めば、激アツなムービーが挿入される。

ウツシエの記憶探しは場所を見つけるのがなかなか大変だが、100年前に何が起こっていたのか、
ゼルダや仲間たちとの触れ合いなどが、わかりやすく描かれている。
特にゼルダはいつまでたっても厄災ガノンに対抗できる封印の力に目覚められず、ハイラル王家の
人間からも陰口を叩かれ、古代の兵器や神獣までガノンに奪われてしまい、大厄災を止められなかった
という、悲劇のヒロイン的な役回りで、次第にどんどん切なくなってくる...。
だがそれ故に、プレイヤーのゼルダを助けたいという気持ちが掻き立てられるだろう。

BAD/REQUEST

快適さ
草木の多い場所や、エフェクトの表示が重なるとフレームレートが時折落ちてしまう。
Wi-Fiをオフにしたり、アップデートを行えば改善されるが、それでも未だにコログの森などでは
フレームレートが落ちてしまう。

ジャンプボタンとダッシュボタンの配置がよろしくない。
両方ともBかXなので、ダッシュしながらジャンプがやりにくい。
キーコンフィグをもっと自由に設定できるようにして欲しかった。
個人的にはダッシュをL3にできるとなお良い。

料理や調合を行う時はいちいち食材をいくつか選んでからでないと出来ない。
履歴やリストから一発で料理・調合が出来るようになると便利だと思った。

天候が雨の時、崖登りがほぼ出来なくなってしまうというデメリットがあまりにも大きい。
崖登りが移動手段の中でもかなり頻繁に使われるのに、その崖登りが制限されてしまうのはかなり不便だ。
せめて崖登りの時に滑りにくくなるアイテムや防具があれば良いのだが...

初期のがんばりゲージが少ない、あるいは、がんばりの消費スピードが速いせいか、少なく感じる為、
初期の状態ではダッシュが短く早く移動できないし、崖登りするのは少し危ないかもしれない。

武器には耐久値があり、魔物を何体か狩ってしまえば壊れて無くなってしまうので、
冒険の途中で常に武器を入手しなくてはならない。それはそれで、例えば武器を使わずに
魔物を倒す方法を考えたり、無視してしまうという選択肢が生まれて良いのだが、
どんなに攻撃力が高い武器でもすぐに武器が壊れてしまう。あと2〜3割くらい
武器の耐久値を上げられないものか...
ゲームに慣れていない初心者などには辛い設計だと思う。

ゼルダの伝説といえばマスターソードだが、攻撃力が30と低くあまり役に立たない...
特定の魔物や場所では攻撃力が倍の60になるが...
しかもこれにも耐久値が設定されており、壊れるとしばらく使えなくなってしまう。
しばらく経てば復活するものの...ゼルダシリーズでほぼ毎回出てくる伝説の退魔の剣が
こんな弱いなんて...少しがっかり。
(一応DLCのダンジョンをクリアすれば攻撃力が常に60になる予定)

難易度
序盤から即死級のダメージを与えてくる敵がゴロゴロいる。
序盤はハートが3つくらいしかないので、初心者にはかなり難しいだろう。
ダークソウル並みの歯ごたえを求めるプレイヤーにとっては良いかもしれないが。
と思ったら今度は、ラスボスが弱い。
第一戦はそこそこ強いが、第二戦が弱い。とにかく弱い。BGMとか演出は鳥肌ものなのだが、
とにかくあっさり倒せてしまう。4体のカースガノンやライネルの方がよっぽど強い。

クエストや祠を全てクリアしてしまうと、あと大体残るのはコログの実900個集め。
スカイリムより広いこの世界で900個ものアイテムをコンプリートするのは至難の技だ。

COMMENT

初めてレビューを書いたので、滅茶苦茶な点があるかもしれないがご容赦頂きたい。
プレイ進捗はストーリー全クリ、試練の祠コンプリート、ミニチャレンジコンプリート、
コログの実は200個ほどです。
ゼルダシリーズは時のオカリナ、風のタクト、ふしぎのぼうし、トワイライトプリンセス、
スカイウォードソードをプレイ済みです。
使用コントローラーはSwitch Proコントローラーです。
主にSONYのBRAVIA 32HX750でプレイしています。

点数の割に快適さや難易度の点で欠点をボロクソ言ってしまったが、
それでものそ欠点が霞んで見えてしまうほどに、このゲームのクオリティは素晴らしい。
歴史的・伝説的名作とされる時のオカリナですら軽く超越するシリーズ最高傑作である。
少なくともこれから発売される全てのゼルダ、オープンワールドゲームは、
必ずこのゲームと比較されてしまう運命にあるだろう。

シームレスなオープンワールドや物理演算を取り入れ、攻略の順序を廃して自由度を高め、
キャラクターボイスを入れるなど、ゼルダの当たり前を根本から見直した本作は、
今までにない新しい駆け引きや遊び方が出来るようになり、上に挙げた様々な要素が
絶妙に絡み合って、ハイラルという世界を探索するモチベーションが長時間維持できるような
設計になっている。

さらに、プレイヤーに対する間口も広い。
ゲームをあまりしない人であっても、フィールドを駆け回るだけでも楽しいと思うし、
アクションが苦手な人でも、今作は剣や盾を駆使しなくても魔物を倒す方法はいくつか存在するし、
ストーリーをクリアするだけなら最悪無視しても構わないのである。
やり込み派に対しても、試練の祠120箇所、コログの実900個、膨大なサブクエストなど、
十分なボリュームが確保されている。(流石に900個はやりすぎかもしれないが...)

従来のようなクラシックなゼルダを求めている人には、今作は合わないかもしれないが、
多くの人にとっては最高のゲーム体験になるだろう。
Switchを買うときに是非一緒に買ってプレイして頂きたい、Switch必携のゲームだ。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
hanamarioさん [2017/06/09 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ



レビュー投稿フォーム

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
レビュー投稿フォーム

−レビューを投稿する前に− 

『レビューについて』(別窓)を必ずお読みください

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記掲載基準のご確認をよろしくお願いいたします。

  • プレイしたかどうかを問われるレビューや他の方のレビューに対する意見が大半を占める場合などは不掲載となります。また、「グラフィック」や「熱中度」など点数項目を列挙して、その部分にのみコメントを書かれるのは、レビューされる部分が限定されてしまうためできるだけお控えください。
  • 明らかな誤字や脱字、意味のない著しい改行、“w”や顔文字の多用は当該部分に限り修正させていただく場合があります。なお、それらの修正でレビュー文の趣旨が異なってしまう場合は掲載を見合わせていただいております。ご了承ください。
 「通りすがり」「匿名」「名無し」などは非掲載
(任意)

総評。使用コントローラやプレイ環境なども是非ご記入願います。

点数に関する注意事項
  • 基本は1〜4点となっており、0、5点は特別点でその点に至った説明が必要となります。また、すべて4点や1点などの場合も、相当のレビュー文がなければ掲載を見合わせていただいております。
  • ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断でポイントを付してください。
  • キャラクターが魅力的
  • 萌えキャラがナイス!
  • グラフィックが優れている
  • 中古ショップなどで安価で入手可能
  • ストーリーがよく練られている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • 対戦が燃える!
  • 協力プレイで盛り上がれる
  • 音楽・サウンド効果が優れている
  • 原作物で原作ファンにオススメ
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 残酷な内容…
  • わかりやすい内容・操作性
  • めちゃくちゃ難しい難易度
  • とにかく退屈な内容…
  • このソフトこそ「傑作」にふさわしい!
  • 是非続編を出して欲しい!
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • Wi-Fiとの相性がバッチリ!
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • とにかく簡単な内容
  • 選択しない

−掲載までの日数など−

掲載所要時間(掲載数の少ないタイトルを優先掲載中):通常3〜14日、最新作1〜3日







サイト情報

レビュー更新情報(18/09/20)
UNDERTALE (募集開始)
NBA 2K19 (募集開始)
Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch (募集開始)
レビュー更新情報(18/09/14)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (1件)
レビュー更新情報(18/09/09)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (1件)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (1件)
SNKヒロインズ Tag Team Frenzy (募集開始)
薄桜鬼 真改 風華伝 for Nintendo Switch (募集開始)
レビュー更新情報(18/09/04)
探偵 神宮寺三郎 プリズム・オブ・アイズ (1件)
レビュー更新情報(18/09/02)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (2件)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (1件)
Winning Post 8 2018 (1件)
ファイアーエムブレム無双 (1件)
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. (1件)
The Elder Scrolls V: Skyrim (1件)
スーパーマリオ オデッセイ (1件)
探偵 神宮寺三郎 プリズム・オブ・アイズ (募集開始)
大神 絶景版 (募集開始)
レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 DX (募集開始)
わくわくスイーツ あまい おかしが できるかな? (募集開始)
Darkest Dungeon (募集開始)
ワールドエンド・シンドローム (募集開始)
リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島- (募集開始)
テニス ワールドツアー (募集開始)
サイヴァリア デルタ (募集開始)
Blade Strangers (募集開始)
レビュー更新情報(18/08/03)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (2件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん! (募集開始)
CLOSED NIGHTMARE (募集開始)
魔界戦記ディスガイア Refine (募集開始)
大図書館の羊飼い -Library Party- (募集開始)
ロックマンX アニバーサリー コレクション (募集開始)
ロックマンX アニバーサリー コレクション 2 (募集開始)
わくわくどうぶつランド (募集開始)
ひぐらしのなく頃に奉 (募集開始)
Wolfenstein II: The New Colossus (募集開始)
レゴ・インクレディブル・ファミリー (募集開始)
プロ野球 ファミスタ エボリューション (募集開始)
サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 (募集開始)
レビュー更新情報(18/07/28)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (1件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(18/07/14)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (募集開始)
進め!キノピオ隊長 (募集開始)
シャイニング・レゾナンス リフレイン (募集開始)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (1件)
FIFA 18 (1件)
レビュー更新情報(18/06/23)
マリオテニス エース (募集開始)
Minecraft (マインクラフト) (募集開始)
THE 麻雀 (募集開始)
レビュー更新情報(18/05/27)
ファイアーエムブレム無双 (1件)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
マリオカート8 デラックス (1件)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (1件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(18/05/04)
ドンキーコング トロピカルフリーズ (募集開始)
星のカービィ スターアライズ (1件)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (1件)
レビュー更新情報(18/04/30)
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch (募集開始)
SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch (募集開始)
キューブクリエイターX (募集開始)
レビュー更新情報(18/04/21)
Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit (募集開始)
Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit (募集開始)
ポータルナイツ (募集開始)
ネオアトラス1469 (募集開始)
レビュー更新情報(18/04/15)
スナックワールド トレジャラーズ ゴールド (募集開始)
ハッピーバースデイズ (募集開始)
蒼の彼方のフォーリズム for Nintendo Switch (募集開始)
レビュー更新情報(18/04/03)
進撃の巨人2 (1件)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(18/03/24)
ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX (募集開始)
プリパラ オールアイドルパーフェクトステージ! (募集開始)
Monster Energy Supercross - The Official Videogame (募集開始)
星のカービィ スターアライズ (1件)
レビュー更新情報(18/03/19)
信長の野望・創造 with パワーアップキット (1件)
レビュー更新情報(18/03/18)
星のカービィ スターアライズ (募集開始)
Winning Post 8 2018 (募集開始)
ぎゃる☆がん2 (募集開始)
進撃の巨人2 (募集開始)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (1件)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
スーパーマリオ オデッセイ (1件)
レビュー更新情報(18/02/07)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (5件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (2件)
LOST SPHEAR [ロストスフィア] (2件)
ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX (2件)
レビュー更新情報(17/12/26)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (2件)
スーパーマリオ オデッセイ (1件)
レビュー更新情報(17/12/04)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(17/12/02)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) (募集開始)
レビュー更新情報(17/12/01)
スーパーマリオ オデッセイ (1件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/11/15)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/11/04)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/10/28)
スーパーマリオ オデッセイ (募集開始)
レビュー更新情報(17/10/24)
レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム (募集開始)
LOST SPHEAR [ロストスフィア] (募集開始)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(17/10/06)
ファイアーエムブレム無双 (2件)
レビュー更新情報(17/10/01)
ファイアーエムブレム無双 (募集開始)
ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX (募集開始)
FIFA 18 (募集開始)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (3件)
マリオカート8 デラックス (1件)
レビュー更新情報(17/08/27)
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. (募集開始)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(17/08/23)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(17/08/09)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (2件)
レビュー更新情報(17/07/30)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(17/07/24)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (1件)
レビュー更新情報(17/07/22)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) (募集開始)
レビュー更新情報(17/07/18)
マリオカート8 デラックス (1件)
レビュー更新情報(17/07/16)
マリオカート8 デラックス (1件)
レビュー更新情報(17/06/17)
ARMS (募集開始)
レビュー更新情報(17/06/09)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/06/07)
聖剣伝説COLLECTION (募集開始)
ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ (募集開始)
レビュー更新情報(17/05/17)
マリオカート8 デラックス (1件)
レビュー更新情報(17/05/09)
いっしょにチョキッと スニッパーズ (1件)
レビュー更新情報(17/05/06)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (2件)
レビュー更新情報(17/04/30)
マリオカート8 デラックス (募集開始)
ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch (1件)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (4件)
レビュー更新情報(17/04/21)
みんなでワイワイ!スペランカー (募集開始)
レビュー更新情報(17/03/31)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/03/28)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/03/18)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/03/11)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (1件)
レビュー更新情報(17/03/03)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (募集開始)
1-2-Switch(ワンツースイッチ) (募集開始)
ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch (募集開始)
いけにえと雪のセツナ (募集開始)
魔界戦記ディスガイア5 (募集開始)
スーパーボンバーマンR (募集開始)
信長の野望・創造 with パワーアップキット (募集開始)
ぷよぷよテトリスS (募集開始)
いっしょにチョキッと スニッパーズ (募集開始)