このソフトのレビューを書く

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)
発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2018/07/13
価格 7,344円(税込)
レーティング C / 15才以上対象 (CERO について)
タギングトップ3    
タイトル概要 ロールプレイング

スコアボード

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)評価ランク
総合ポイント
63
難易度
2.18
レビュー数
11

スコアチャート OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
9.1%
20-29
9.1%
30-39
9.1%
40-49
9.1%
50-59
27.3%
60-69
18.2%
70-79
9.1%
80-89
9.1%
90-100
【60点以上】
63.6%
【標準偏差】
20.51

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
2pt 1pt 3pt 1pt 1pt 1pt 2pt
総合点
27pt

GOOD!

・昔懐かしい懐古主義なデザイン
2Dを立体的にしたかのような独特のグラフィックで、懐かしさと新しさを兼ね備えている。

・BGMが良い
キャラや地域ごとにテーマがあり、主人公のテーマでストーリの区切りを〆る演出も、ベタだが良い。

・キャラが個性的
8人の主人公は皆それぞれ個性があって特徴的。

・バグが少ない
まあ当たり前と言えば当たり前だが、特にフリーズなどは無かった。

BAD/REQUEST

・グラフィックの比率が無茶苦茶
迫力の演出なのだろうが、今まで3頭身で会話してたボスが、突然10頭身越え10m越えの巨人になって襲い掛かって来る絵面は非常に滑稽。意図とは真逆のギャグにしか見えず失笑物。
遠近感もつけすぎで、バトル中の先頭キャラは豆粒程度の大きさでしか映らない。敵も大きく動くわけでもなく、例えば鳥なら羽は一切羽ばたかず体ごと上下するだけ。
フィールドも映る範囲が狭く、手前に障害物があって見難い。ピンぼけしすぎで主人公周辺以外は何も見えない。石ころや棒切れの当たり判定に引っかかって移動し難い。

・システムが面倒臭い
仲間とのイベント期間が短すぎる。Aと会話できるのは章が始まって広場に行くまで、Bは広場から町の入り口まで、Cは入り口から村長宅まで、Dは村長と話して家から出るまで、といった感じ。
そして主人公8人は酒場でしか入れ替えられないので、全てのイベント見たければその度に一度酒場に戻って入れ替える必要がある。
さらに盗賊でしか宝箱を空けられないので、盗賊は半強制加入で自由度無し。
外してる仲間には経験値も入らないので、別キャラのストーリを進める前にはレベル上げ作業が発生する。

・8人が旅を共にする理由が無い
村を山賊に襲われた傭兵が、海賊に襲われた商人が、私利私欲のために無実の人から窃盗をしようと企む盗賊に、何故いきなり協力をするのか意味不明。
それぞれが別々の思惑で旅立ったはずなのに、それらが交わる事も繋がる事も無くバラバラ。話も他のキャラが関わる事も無く、主人公1人だけで進んでいく。
そしてその合間に、上記の短期間過ぎる仲間との会話イベント。

・盗みが便利過ぎる
戦闘1回で手に入る金が100円とかなのに、装備1つが2万~6万円する物価。なので当然盗んだ方が圧倒的に手っ取り早く楽。
5回失敗すると盗めなくなるデメリットもあるが、数千円の寄付で戻せるしリセットすればOK。
キャラアクションに正道邪道と2種あるが、レベル制限という回避不可能なデメリットの有る正道に対して、邪道は実質デメリット無し。
この盗みの例で言うなら、正道の買い取りは数%程度の割引なのに対し、邪道の盗みは当然100%割引なので比較にならない。

・クエストの並び替え機能無し
多くのサブクエストがあるのは嬉しいが、並び替えが出来ず、クリア済みの物を非表示にする事も出来ない。

・戦闘システムが雑
弱点属性で防御を崩して総攻撃。とだけ言えば面白いと思うが、結局は一属性ずつ総当たりで試すだけの面倒な内容。
氷の敵なら火に弱い場合が多い、などある程度予測できる敵も居るが、火の効かない氷の敵も多く居るし、同じ山賊でも火耐性氷弱点やら雷耐性火弱点やらと、予想不可能でバラバラ。
調べるスキルもあるが、敵一体の一つを調べるだけなので、結局面倒な総当たり作業が発生する事に変わりはない。

COMMENT

一言で言うと雑。
独特なグラフィックや、8人が主人公の物語などに「お?」と思い買ったが、キャラもストーリもシステムも、全くまとまりが無くバラバラ。
他のレビューを見ると最後には話がまとまるのかもしれないが、全4章のうち2章までクリアした限りでは、その片鱗すら見えない。8本の話が1本にまとまっていくのなら面白いが、少なくとも半分すぎてもまだバラバラにのた打ち回ってるだけ。まとまるにしても遅すぎる。

料理に例えるなら、普通の米と具をバラバラにただ乗せただけの割高な丼物。しかも半分食べても具に辿り着かない。と言った感じ。
半分でもうお腹一杯。食べ飽きたので売ります。

プレイ時間:20時間以上30時間未満(未クリア)
ジャスさん [2019/08/06 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
2pt 2pt 3pt 1pt 1pt 2pt 2pt
総合点
32pt

GOOD!

昔ながらの雰囲気のRPG
かつてのロマンシングサガの様にキャラを選んでそれぞれのストーリーを中心に自由の順番でイベントを進めたり仲間を集めたりと自由度が高い
とは言っても特別な感じでも新しい感じでもない、いつかどこかで見たような雰囲気のゲームです

BAD/REQUEST

ストーリーは王道というか先の想像がつく内容で先が知りたいとかワクワクするなどなく盛り上がらないしつまらない
どのキャラを選んでもキャラごとのストーリーは薄いし驚きも何もなくつまらない
マップは狭いし見づらいし行けるところもやるべき事も少ないがレベル上げが必要でそこで時間がかかる昔ながらのバランスで面倒

上記に加えて更に
街に人が沢山いるのに話せる人は少しだけで残りの人はただの障害物
人に対してアクションを起こせるスキルがあるけど全員に出来るわけではない
絵はドットで好き嫌いは分かれ、キャラのアップ画像や美麗ムービーもないので古臭く地味に感じる人もいる

COMMENT

色々なところで面白い、最高、と聞いてかなり期待して買いましたが、正直どこが面白いのか分かりませんでした
ストーリーにワクワクする事は一度もなく、新しい仲間を加えてもそのキャラのストーリーを見るのも苦痛でした

戦闘が良く出来てると聞きましたが、魔法が強いだけで物理だとただただ面倒、レベル上げも面倒
学者が強いので最初のキャラ選択はモテモテな学者さんでやると少しはスムーズです

キャラのスキルに邪道と正統とかあった気がしますが、正直どっちでも良いと思います
キャラスキルの使用になんの面白みもないですし正統の方がリスクなくて良いと思います

キャラが4人揃うまで頑張りましたが一度も面白いと思う事がなく売却です
もしかしたら終盤で面白いと思う場面に出会えるのかもですが、中盤までの感じから私には向かないと判断できる内容でした
期待し過ぎたのも悪かったのかもしれませんが、良くも悪くも20年以上前に出ていたら違っていたかもな感じのゲームです

プレイ時間:20時間以上30時間未満(未クリア)
ぴのんさん [2018/09/28 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
2pt 3pt 4pt 2pt 1pt 2pt 2pt
総合点
41pt

GOOD!

フィールドのグラフィックはこれまでありそうでなかったものに仕上げられていると思いました。きらきらした細かい光とか、川底が透けて見える水面とか。一見の価値はあったかと。
BGMも北国の街とかは「ちょっとまた聴きにいこうかな」と思うくらい気に入りました。
あとはジョブごとに姿が変わるのが楽しかった。
上級職の祠を探してボスを攻略するあたりは自分の力でゲームしている感じで面白かった。

BAD/REQUEST

全体的にとても窮屈なゲームという印象です。
パッケージの裏面に「旅立とう。きみだけの物語へ―」と書いてありますが・・・
何をやるにも選択肢がぜんぜん出てこないゲームなので「きみだけ」要素なんてほとんど無いんじゃないかな、と思います。とくに気になった点は
・大量の紫箱。テリオン専用のアレ。パーティ強制なだけ。褒めてる人見た事ないです。
・大量の立て札。とにかく出直せという退屈なサイン。シナリオ専用ダンジョンなら道をつながずに別マップにしといてもらえますか・・・
・メインのシナリオに対してプレイヤーが主体的に関われない。
「するか/しないか」を選べないので本当に見ているだけです。
プリムロゼは迷う描写があるけど、迷うだけ。

COMMENT

最初は期待感が膨らむんですが、だんだん違和感が膨らんでいき溜め息が増えたRPGでした。

たとえばトレサの2章。
価値がわからない貧乏人から石を安く買い上げて許可も取らずに路上で売ってお金儲け(特に必要でもなさそうなのに)するんですが、まあここまではいいです。
でもそのすぐ後に地主をめちゃくちゃディスるんですよ、トレサ。
君がやったことは程度の差があるだけで、目の前の地主と本質的に変わらないんじゃない?
地主は利益を吸うかわりに鉱山の街を平和に治めてるのかもしれないし・・・
でもとくにトレサは価値観を揺らがせることもなく。
商売で決着とかもなく。護衛をぼこぼこに叩きのめしてイベント終了。

他にも首をかしげたくなるお説教や、内容スカスカの棒立ちパーティチャットがたくさん用意してありました。
いや、そういうのはいいから・・・ってなりました。
NPCを戦闘のオプション扱いじゃなくパーティに入れるか入れないか、敵と戦って殺すか他の方法で勝つのか、船旅にするか陸路にするか、旅の目的を変えるのか変えないのか、とか。
そういう色んな魅力的な選択肢を用意して欲しかったなーと。
たくさんの選択肢を散りばめることによって自然に「きみだけの物語」が生まれてくる、と思うのですが。

プレイ時間:40時間以上60時間未満(クリア済)
kabashi82さん [2019/12/28 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  101人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
5pt 5pt 4pt 2pt 2pt 1pt 2pt
総合点
56pt

GOOD!

【HD-2Dのビジュアル】
HD-2D、いいですよね。これだけで、ゲームの価値が上がっているとすら感じます。

【戦闘の仕組み】
プレイヤーは、あらゆる種類の武器や属性魔法を駆使して敵の弱点を突き、敵のシールドを剥がして失神させることで、行動を止めたり、より多くのダメージを与えられるようになります。
さらに、1ターン毎に溜まっていくブーストポイント(BP)を注ぎ込むことで、大ダメージを与えられるようになります。
シンプルながら面白かったです。

【かっこいいキャラ、可愛らしいキャラ】
主人公たちが魅力的で、引き込まれます。

【先が気になる物語】
それぞれの目的や運命。人情もあり、どうなるのかが気になります。
雰囲気づくりも上手いですよね。

【音楽】
とても良かったです。お忙しくなられたのではないかと推察します。

【オリジナリティ】
【ビジュアル】
新たな魅力を開拓したビジュアル。個性の塊だと思います。戦闘システムも同じく!

BAD/REQUEST

【雑魚戦が長い】
進行すると、敵のシールド数が3以上になり、戦闘に時間がかかるようになってしまいます。
正直申し上げて、そもそもテンポが悪いです。それなのに、ゲームが進行すると敵のシールドが増えて、さらに戦闘が長くなってしまいます。
雑魚敵のシールドは2枚だけでいいと思うんですけどね。そのほうがテンポが良くなりますし、ボスのシールドの多さがより際立って、面白くなるはずです。

【主人公たちのシナリオがバラバラに進行するため、勢いに欠ける】
主人公たちのシナオリを少しずつバラバラにクリアしていく形になっているため、サブクエストをクリアして回っているような感覚に陥ります。
一般的なRPGとは違い、メインストリームになる物語性がないので、勢いや没入感がありません。これは致命的でした。

【ファストトラベルの説明不足】
疑問に思って調べて、初めて知りました。配慮がなってないと思います。

COMMENT

ゲームとしては面白いはずなのですが、BAD要素が余りにも大きすぎました。
本当に惜しいです。名作に成り得ました。他がとっても良いだけに、本当に悔しいほど惜しいです!
2でもさほど変わっていないようなので、残念です。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
てひおさん [2023/03/17 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
3pt 3pt 3pt 3pt 3pt 3pt 2pt
総合点
60pt

GOOD!

BGMは優れています。耳に残るBGMになっています。
・8人のキャラクターごとのシナリオは面白い。設定や導入が優れていて、その先が知りたくなります。伏線の貼りかたがうまいです。
 さすがに、テーブルトークRPGのシナリオライターだけに、読み物として優れています。
 内容はかなり大人向けで、子供にはわからないストーリーです。
・ブーストとブレイクのある戦闘システムは一応戦略性があり、攻撃する順番を考えさせられます。単純な力押しの戦闘ではないです。
・ちょっとオープンワールド的なテイストがあり、シナリオの攻略順や都市の訪問順は自由です。
・フィールドコマンドがあり、ほぼ全てのNPCに対して使えるために、この効果を全て知ろうとするとやりこみがいがあります。
・サイドストーリーも豊富にあるので、寄り道もできます。
・2D画面でありながら、水面の光の反射光が立体的です。

BAD/REQUEST

短い。
 仲間は、単なる戦闘時の助っ人扱いです。せっかく助けたのだから、お礼イベントくらいあっても(特に第1章)。
 全てのキャラが絡むシナリオがないので、盛り上がりに欠けます。
・グラフィックはやはり古いです。PS4の豪華なRPGになれているとつらくなります。ちょっとムービーとか使って、イメージを広げさせてほしかった。ドット絵のキャラでは、感情移入ができない。声優の演技がいいので、その声だけに感情移入できました。
 実際、キャラの演技については、プレイヤーの過去の経験による想像力を試されるかもしれませんね。
・多重の2D画面のために、背景が書き割りポリゴンです。そのために、ダンジョンや道中のルートが判りづらいです。
・街をつなぐ途中の街道にはほとんど意味がなく、雑魚戦と宝箱をみつけるだけになっています。ストーリーに絡むイベントもないです。
・戦略性があると書きましたが、コツをつかむと戦闘は実際かなり単調になります。特に道中の雑魚戦が苦痛になるかも。オート戦闘がほしかったです。いまさらのランダムエンカウントも古い(ストレスフル)かも。
 また、こちらのレベルや進捗度合いで、FF8のように道中の雑魚敵が強くなるので、さらに単なる面倒な障害になっています。
・サイドストーリーは、かなりお使い要素感じる。それほど複雑なものは期待しないほうがいいです。オマケ
・FF系でありながら、習得できるアビリティが少ないので、キャラの成長への意欲がほとんどわきません。バトルジョブでは補完できない。

COMMENT

グラフィックが古臭いが、悪いゲームではありません。テーブルトークRPGをしている気分になります。
私は、戦闘行為が途中に割り込んでくる、「小説」&「ドラマCD」と割り切ってプレイをしました

プレイ時間:わからない(未クリア)
まろさん [2018/07/28 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 1pt 4pt 3pt 4pt 2pt 3pt
総合点
63pt

GOOD!

各キャラクターの性格やストーリーはシンプルですがどれもいいものばかり。
近時のRPGにおける重たい展開やこゆーいキャラ達に
疲れ切ってしまった人にとっては癒しともいうべき王道のファンタジーです。
こういうのがあってもいいかなと思います。

そして裏ボスに到達すると全てのお話の伏線が一気に回収されるのも
すごいと思いました。全体としてのお話はとてもよくできています。

戦闘はコマンド式RPGですが、一戦一戦雑魚戦含めて非常に頭を使います。
結構高度な戦闘で、やりがいも十分。

行動はとにかく自由です。
最初からどこに行ってもいいので、攻略順を工夫することで
楽にも出来るし難しい道を歩むことも出来ます。

JRPGの特徴ですが本当に音楽はしっかりしている。
サントラ買いたくなりました。

BAD/REQUEST

グラフィックに関してはちょっと酷評になります。

ドット絵にはドット絵の味がありますし、
アニメ絵もフォトリアルも出来なかった昔のRPGは
あえてキャラを最小限しか動かさないことで表現に含蓄を出す、
というような面もありました。
また、グラフィックを最小限にすることでその分容量を確保し
イベントの数を増やすというようなこともあったかと思います。
そういう意味で今作には「ドット絵RPGならではの表現とボリューム」を
期待していたのですが・・・。

メインストーリーではなんだかんだで主人公達はぺらぺらしゃべります。
それでだいたい心情とかも表に出てしまっていて、
表現を抑制した故の含蓄とかはあまりありません。
ボリュームもそんなにあるわけではない。
ドット絵故の表現とかボリュームはほとんど見られませんでした。
これだったらフォトリアルやアニメ絵で
きちんと表情まで描いてしまった方がずっといいです。

背景や水の表現に関しては非常にきれいです。
ただ、キャラクターがドット絵であるが故に
背景から完全に浮き上がってしまっていて不自然この上ない。
ドット絵を貫くのであれば背景ももう少し親和的に作って欲しかった。
またフィールドはとにかく見にくい。
昔のRPGならではの進路の見やすさが全くないですし
3DRPGのようにカメラを回して視界を確保することも出来ない。
画面のどこに進路があるのかを確認するのに非常に手間取りました。
昔のRPGと現代RPGの悪いとこ取りになってしまっています。

サブシナリオに関してはどれもいささか単調。
かつ主人公達はひたすら無機質に動くだけなので
(せっかくしゃべらないのに、それ故の含蓄とかも全然出てない)
とにかく無味乾燥になってしまっています。
メインストーリーで出てきたキャラにまつわる話もいっぱいあるのに
関係する主人公との絡みもほとんどありません。
当該キャラのサブシナリオについては対応する主人公を先頭にしないと
開始されない、という形にしてきちんと絡めた方がよかった。

また、サブシナリオの達成条件が余りにも投げっぱなしというか
実質ノーヒントに近い状態で
攻略サイトとかを見ないのであればひたすら街をしらみつぶしするしか
方法がありません。
昔のゲームの不親切さを再現したのかもしれませんが、
それにしても乱雑な印象が強いです。

また前述の通り裏ボスのところでようやく伏線が回収されるのですが
攻略サイトなしだとそもそも裏ボスにたどり着くサブシナリオに
全く気がつかないままゲームを終わりにしてしまう人が
大量に出てしまうのではないかと思います。
ここまで裏ボスにストーリー比重をかけるのであれば
各キャラの4章クリアから裏ボスまでの道筋を
もう少し丁寧につなげてあげるべきだった。

戦闘も中盤まではいいのですが、終盤になってくると
敵の行動が面倒になりすぎ、かつこっちの火力がインフレしてくるので
余計なこと考えずに高火力特技でごり押すのが最適解になってしまい
逆にえらく単調になってしまいます。
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・でしょうか。
裏ボスはそれでは通用しないのですが。

COMMENT

悪いゲームでは決してありません。
破綻はどこにもないですし、終わってみればよくまとまっています。
やっている間に退屈したり嫌気がさしたりということもありませんでした。
RPGとして見た場合、及第点を大きく超えていますし
買ったことにははっきり満足しています。

ただ、「何のために2018年にドット絵の新作RPGを出したのか」という
問いへの回答がほとんどなかった、というのがすごく気になりました。
例えばドラクエ3とかは「しゃべらない故の含蓄」とかが結構あって
あれをフォトリアル・フルボイスでリメイクしてもオリジナルより良くなるとは
思えない部分があります。
また最近の作品だと、例えばペルソナ5とかの独自のグラフィック調は
最新技術とは言い難いですが、
ゲームの雰囲気作りに非常に大きな役割を果たしています。

この作品はどうかというと、ドット絵・非フルボイスという手法は
純粋にマイナスにしか働いていません。
今すぐ全面フォトリアルかアニメ系JRPGグラフィックで
フルボイスにしてリメイクした方が断然良い作品になってしまう。

良くできてはいるのですが、
「25年前に発売されていたら時代を代表する作品の一つだったんだろうなあ」
というところまで、という感想です。
2018年の最新作品としてこれを勧めるか?といわれると
大きく首をひねってしまいます。

グラフィックだけが面白さじゃない、というのはその通りですが
それであれば「最新グラフィックを使わないことで実現した何か」が必要。
それがなければただの時代遅れで終わってしまいます。

悪い部分の文字数ばかり多くなってしまいましたが
色々と考えさせられるゲームでした。
繰り返しになりますが、ゲームそのものは決して悪くありません。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
らるさん [2018/09/02 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
3pt 4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
69pt

GOOD!

90年代後半の王道RPGのようなわくわくさせるグラフィックやストーリー設定は秀逸。
8人から気に入ったキャラクタを進められ、通常クリアにおいては気に入らないストーリーはやらなくてもよいのでとっつきやすい。
キャラクタ育成要素も個性が出しやすく、歯ごたえあるバトルをプレイヤの工夫で突破するという定番のゲーム体験が楽しい。
また、街、フィールド、戦闘におけるBGMが非常に良く長時間やっていても飽きない。
やりこみ要素としても裏ボス討伐や多量のクエストを消化するなど大ボリューム。

BAD/REQUEST

ストーリーは始まりこそ8つのストーリーそれぞれに特徴があり、面白そうだが、全てを奥深いものにすると全体が長くなりすぎるためか、一つ一つを見るとそれほど特筆すべきものではない。またキャラクタ同士のストーリーの絡み合いが少なく、仲間ではあるが、一緒に旅をして影響を与え合ってるという印象が持てない。すべてのストーリーは最終地点にて繋がっていくが、そもそも遅すぎるし、到達する条件も複雑。プレイヤーの多くは全体の話を掴まないまま終わっていくのではないかと思う。
またチャプター毎に推奨レベルの差が大きく、一つのストーリーを進めるだけでは敵が強すぎるという印象を持ちがち。自由度が高く色んなプレイが楽しめるのが良いところではあると思うが、もう少し導線が見えてもよいのではないか。

COMMENT

せっかく8人も主人公がいるのにストーリー展開に活かしきれていないように思えて不満はありますが、個人的には非常に楽しめるゲームでした。
BGMとグラフィック、バトル、キャラクタ育成の楽しさだけでも充分良作です。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
えいたさん [2018/09/09 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足度 快適さ 難易度
4pt 4pt 5pt 4pt 3pt 3pt 2pt
総合点
74pt

GOOD!

クエストが豊富にありと全体ボリュームがあり50時間以上は余裕で遊べるゲームです。 自分は全コンプリートしてませんが70時間くらいやりました。

キャラデザインやドット絵がなつかしく、フィールド背景が綺麗に思えます。

全ボスというわけではないですが、一部のボス相手の戦闘に戦略性を感じます。

戦闘はボイス有り、シナリオはフルボイスではないですがそこそこ程度喋ります。

一度行った町村はファストトラベルで初期からいつでもワープできますので楽です。(ダンジョンは不可能)

定番かもしれませんがジョブがそれなりにあり、戦闘でスキルポイントをためて、メインスキルやサブスキルを習得していくのが楽しく思います。 スキルの数も結構豊富だと思います。
またこれも定番だとは思いますが弱点属性をついていく戦闘も面白かったです。

フィールドコマンドで村人からアイテムを盗んだり、決闘を挑んだり、サブ的なパーティーとしてつれてまわることができます、これがなかなか面白かったです。

音楽はスクエニらしさを感じる、思い出に残りそうな素晴らしい曲ばかりでした。

BAD/REQUEST

シナリオは地味で薄いです。意表をついた、従来にないシナリオ などを期待してはいけないでしょう。 サブクエストも基本薄いシナリオです。
そういったシナリオの薄さや、顔グラフィックなどが見える立ち絵もないドット絵、8人個別のシナリオストーリーっていうのもあり、シナリオに関わる重要キャラクターの名前を覚えられないということが結構ありました。 

サブクエストはヒントが少なく、攻略サイトなどを見なければ相当難しくなります。主に人間探しなどが多くあるのですが、どこにいるなどがわからないなんてことが結構多いです。 
ラスボスと戦うにもサブクエ消化が必須条件となるため、何の攻略情報も見ないやるのは相当厳しいです。 
昔のゲームの理不尽さを説明のなさ などを再現したかったのかもしれませんが、そこは再現する必要なかったと思います。

室外、フィールドは色んな背景 山や野原や浜辺や砂漠など様々な背景になっていて冒険してる楽しみがあるのですが。
ダンジョン内はパターンが少なく似た様な場所になっています。大体が洞窟、屋敷、森とかで。似たダンジョンです。


主に戦闘バランスや物理火力より学者や魔術師の魔法が便利すぎる傾向があります。
全体攻撃ができ必ず当たります、ジョブの学者は3種の属性魔法を使え弱点をつきやすく。魔術士は全属性攻撃できます。雑魚敵はレベルが少し高い敵であっても一撃処理できます。
物理は攻撃を外すことも比較的多く、序盤中盤は魔法より火力が低く感じます。
最強装備も揃った最終盤付近では物理攻撃は魔法に火力負けせず、ボス戦では特に優秀だと思われますが、
ゲームの全体で見れば魔法に頼りきってることが多く感じ、あまりバランスがいいとは思いませんでした。

サブスキルは沢山ありますが、キャラにサブスキルを付けられるのは4つまでなのがとても少なく感じました。キャラを強くするのも楽しみの一つなのだから、これだけスキルを用意したのならもう少し多くつけられる様にしてほしかったです。

フィールドコマンドは8人全員がバラバラのコマンドというわけではなく、8人中4人はもう4人のコマンドと似た様なコマンドなのが残念でした。最初プロモを見たときは全員全く違うフィールドコマンドだと思っていたので。
フィールドコマンドには成功確率があるものが存在します、アイテムを盗むなどがそうなのですが、失敗しつづけるとコマンドを扱えなくなりお金を支払うことで 元の状態に戻せるのですが
ここらへんが面倒に感じました。 結局のところ別にお金がキツかったら払わずとも、セーブポイントからロードしなおせばいいだけなので、それが作業的に感じました。

中途半端なシナリオのボイスが気になりました、重要的なメインシナリオ中にボイスがあったりなかったりと、プレステ1やDSみたいに容量がきついってことはないでしょうし、しっかりフルボイスにすればいいのにと思いました。

ラスボスを倒すとエンカウント率を0にするアイテムが手に入るので便利といいたいところなんですが、ラスボスを倒すとラスボスとはもう戦えないというのが気になりました。結局倒してないところからロードしはじめ、クエスト消化などをしました。

レアな宝箱を空けるにはテリオンという主人公キャラが必要で宝箱コンプリートを目指すなら外せないキャラとなっています。パーティーの自由を奪うのでこういうのはやめてほしかったです。ただ宝箱の内容はかなりしょぼい物が多いので、別に空けなくても特別問題ないことが多いです、それもどうなんだって話ですが。

COMMENT

新規のゲームとしては及第点を上回っていると思います。
やはりシナリオが薄いのが足を引っ張ってしまった様に思えます。

シナリオというのは濃く深く作りこんだとしても賛否両論の評価になりがちですが、
そうだとしてもこんなに薄い内容にはやはりしないでほしいです。

次回作に期待がもてるゲームなので、次回作も購入します。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
テリヤキさん [2018/09/14 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ



レビュー投稿フォーム

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)
レビュー投稿フォーム

−レビューを投稿する前に− 

『レビューについて』(別窓)を必ずお読みください

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記掲載基準のご確認をよろしくお願いいたします。

  • プレイしたかどうかを問われるレビューや他の方のレビューに対する意見が大半を占める場合などは不掲載となります。また、「グラフィック」や「熱中度」など点数項目を列挙して、その部分にのみコメントを書かれるのは、レビューされる部分が限定されてしまうためできるだけお控えください。
  • 明らかな誤字や脱字、意味のない著しい改行、“w”や顔文字の多用は当該部分に限り修正させていただく場合があります。なお、それらの修正でレビュー文の趣旨が異なってしまう場合は掲載を見合わせていただいております。ご了承ください。
 「通りすがり」「匿名」「名無し」などは非掲載
(任意)

総評。使用コントローラやプレイ環境なども是非ご記入願います。

点数に関する注意事項
  • 基本は1〜4点となっており、0、5点は特別点でその点に至った説明が必要となります。また、すべて4点や1点などの場合も、相当のレビュー文がなければ掲載を見合わせていただいております。
  • ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断でポイントを付してください。
  • キャラクターが魅力的
  • 萌えキャラがナイス!
  • グラフィックが優れている
  • 中古ショップなどで安価で入手可能
  • ストーリーがよく練られている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • 対戦が燃える!
  • 協力プレイで盛り上がれる
  • 音楽・サウンド効果が優れている
  • 原作物で原作ファンにオススメ
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 残酷な内容…
  • わかりやすい内容・操作性
  • めちゃくちゃ難しい難易度
  • とにかく退屈な内容…
  • このソフトこそ「傑作」にふさわしい!
  • 是非続編を出して欲しい!
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • Wi-Fiとの相性がバッチリ!
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • とにかく簡単な内容
  • 選択しない

−掲載までの日数など−

掲載所要時間(掲載数の少ないタイトルを優先掲載中):通常3〜14日、最新作1〜3日







サイト情報

レビュー更新情報(23/07/03)
世界樹の迷宮Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ HD REMASTER (募集開始)
超探偵事件簿 レインコード (募集開始)
レビュー更新情報(23/05/14)
ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム (募集開始)
レビュー更新情報(23/04/09)
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン (1件)
レビュー更新情報(23/03/17)
ポケットモンスター スカーレット・バイオレット (1件)
MODEL Debut2 #nicola/モデルデビュー2 ニコラ (1件)
MODEL Debut #nicola/モデルデビュー ニコラ (1件)
OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) (1件)
ミートピア (1件)
剣と魔法と学園クエスト (募集開始)
アリス・ギア・アイギスCS ~コンチェルト オブ シミュラトリックス~ (募集開始)
NBA 2K23 (募集開始)
フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord (募集開始)
聖塔神記 トリニティトリガー (募集開始)
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン (募集開始)
No Place For Bravery (ノープレイス・フォー・ブレイバリー) (募集開始)
太鼓の達人 ドンダフルフェスティバル (募集開始)
十三支演義 偃月三国伝1・2 for Nintendo Switch (募集開始)
The DioField Chronicle (募集開始)
リトルウィッチノベタ (募集開始)
悠久のカンパネラ (募集開始)
ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス (募集開始)
新テニスの王子様 LET’S GO!! 〜Daily Life〜 from RisingBeat (募集開始)
残月の鎖宮 -Labyrinth of Zangetsu- (募集開始)
EA SPORTS FIFA 23 Nintendo Switch Legacy Edition (募集開始)
薄桜鬼 真改 天雲ノ抄 (募集開始)
NieR:Automata The End of YoRHa Edition (募集開始)
おさわり探偵小沢里奈 里奈となめこの事件簿 (募集開始)
No Man's Sky (募集開始)
ドラゴンボール ザ ブレイカーズ スペシャルエディション (募集開始)
神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI- (募集開始)
ベヨネッタ3 (募集開始)
マリオ+ラビッツ ギャラクシーバトル (募集開始)
Fire Emblem Engage (ファイアーエムブレム エンゲージ) (募集開始)
メトロイドプライム リマスタード (募集開始)
星のカービィ Wii デラックス (募集開始)
ベヨネッタ オリジンズ: セレッサと迷子の悪魔 (募集開始)
オクトパストラベラー II (募集開始)